龍山寺@台湾
この春、4月中旬に台湾に行ってきた。
折しもそれは震災の約1ヶ月後。
「日本のためにたくさんの援助をしてくれた台湾の人へ、お礼の気持ちを伝えよう」
それを、私自身の旅のテーマとすることにした。

2泊3日の小旅行なので、中日を遠方への旅にあてることにして、初日と3日目は台北で過ごす。
西門駅周辺の散策、故宮博物館の見学、信義区でのショッピングなど、わりとベーシックな観光地巡り。

友人達と別行動し、故宮博物館併設のカフェで一人のんびり楽しんだ思い出も捨てがたいけれど、訪れた場所で一番好きだなあと感じたのは龍山寺。
もともと龍山寺は、一緒に行った友人の希望で行くことになった。私自身はそれほどお寺に興味がなかったのだけれど、行ってみたらとても素敵な場所だった。

繁華街の真ん中、いかにも観光地と行った人の賑わう場所。
境内の一角に腰掛けて、場所の様子や、訪れる人の挙動をじーっと観察してみる。
本殿前の広い場所には、色とりどりの鮮やかなお花が供えられている。おいしそうなお菓子もちらほら見える。日本のお寺の、菊とかあやめみたいな落ち着いた色合いとは違う、ビビッドな色遣い。
観光で訪れる人達で混雑する中、地べたに座って、ひたすらお経を唱えている人もいる。きっと何時間もそうしているんだろうなと思ってしまうほど、周囲に気を散らす様子もない。

e0048530_13504312.jpg


前殿では、おみくじに挑戦する人達もいる。
おみくじは日本のものとはだいぶ違っていて、赤い半月形の木を2つ投げて、見事「裏」「表」の組み合わせにならないと、結果を聞くことができないのだそう。
裏表というところが、仏教の陰陽らしくていいなと思った。
「神杯」というそれは、「私の願いは叶いますか?」と神様に伺いを立てるもの。
3回まで投げることができて、一度も裏表の組み合わせにならなければ、それは「まだ答えを聞く時期ではない」という意味なのだそうだ。
もしかしたら、一度も裏表にならず、結果が聞けないで終わるのが一番幸せなんじゃないかなと思った。
「まだ結果を聞く時期じゃない」と神様が教えてくれる。それは、まだ可能性があるってことだものね。

参拝は、7本の長いお香を買うところからスタート。
横浜中華街でもそうだけれど、中国や台湾のお香は、花火みたいに長い。
本殿と後殿にある7つの香炉を巡って、一本一本香を立てていく。
観音炉から始まり、天公炉へ。
3番目は後殿へまわって、一番右の文昌炉。文昌帝君は学問の神様だそうです。これからも勉強がんばります、と心の中で呟く。
水仙尊王の水仙炉、媽祖娘娘の媽祖炉へ香を立てる。
そして、この辺りから、次はいったいどの神様へ行けばよいか見失い…よくわからないまま、結局、左のほうの神様の香炉へ参拝。私は何の神様へ祈ったのだろう…。

というような参拝の作法も、やってみたらなかなか趣深く、香を1つ立てる度に、気持ちが穏やかになっていくのがわかった。
手間がかかる方法というだけあって、喧噪を忘れて、自然と真摯な気持ちになった。

訪れる人の数だけ願いがあって、祈りがある。その風景がこのお寺にはある。
裕福な暮らしをしているわけでもなさそうな、いかにも庶民的な身なりの人が、長い時間、信心深く祈りを捧げたり。
この後、買い物にでも行きそうなおばさんが、お香を立てて、ゆっくり深々と礼をしたり。
日常の中に、祈りがある風景。

それが、自分と大してかわらない、庶民風な人達であることに、なんだかとても愛しい気持ちになる。
龍山寺。お気に入りのお寺です。
[PR]
by norlie | 2011-07-17 13:52 | 台湾旅
<< 太魯閣渓谷@台湾 お久しぶりです >>