太魯閣渓谷@台湾
2日目、終日かけて遠出した場所は、太魯閣渓谷(タロコ渓谷)。
台北から東に、飛行機で約30分。花蓮空港からバスでさらに約30分くらいの場所にある。
国立公園にも指定されている、台湾随一の景勝地は、見上げてもなお、雲に隠れてしまうほどの大きな奇岩怪石の峰が連なる、不思議な場所だった。

バスに揺られながら、花蓮の町を通り過ぎ、徐々に緑深い山地に入っていく。
やがて見えてくるのは、水の流れが刻まれた、美しい絶壁。
その間を、綺麗な翡翠色の渓流が縫うように流れていく。

e0048530_2491389.jpg


この渓谷は、立霧渓(たっきりけい)という河が、とても長い時間をかけてゆっくりと大理石の岩盤を浸食してできたのだそうだ。
ロッククライマーが登りそうなほどに垂直な岩壁は、まるでストンとおちる崖のよう。
都会の高層ビルよりも遥かに高いそれは、自然が作り出した、壮大なスケールの芸術作品みたいに感じる。
こんな果てしないものを作り出す力が地球にはあるんだと、圧倒される。


数時間かけて、バスに乗り降りしながら、渓谷の様々な場所を巡っていく。
どの場所でも、目前に広がるのは、圧倒的なスケールの巨大彫刻。
それも、人間の手では決して作れない、偶然が作り出した流線形の美。
うまく表現する言葉が出てこず、「すごい」とか「信じられない」とか、ずーっと感嘆ばかりを繰り返していたような気がする。

e0048530_2252643.jpg

太魯閣渓谷の終盤、天祥という場所に行き着く。
ここでは、祥徳寺というお寺に立ち寄った。
霧深い山の中腹に、ひっそりと佇む仏教寺院。
赤い橋を渡って、何段も何段も階段を上ると、白壁と大理石の廊下が美しい本殿へ辿り着く。
山の木々の間から、周囲を見渡すようにそびえる七重塔と、観音菩薩像。
山地特有の清涼な空気の中で、寂然とした佇まいが印象的だった。
山々に囲まれた、小さな峰のてっぺんに在るので、「天空」という言葉がふっと頭をよぎった。
寂しさだけじゃなく、静けさだけじゃなく、「天空」と言う響きが持つ、なんだか綺麗で明るいイメージがあった。


太魯閣渓谷。
訪れるのは一日がかりだけど、その価値がある景勝地。
自然の力強さ、繊細さ、壮大さ。そういうものが、アジアならではの幽玄な美と共存する大渓谷。
今でこそまだ世界遺産には指定されていないものの、そうなる日も近いのではないだろうか。
[PR]
by norlie | 2011-07-24 22:05 | 台湾旅
<< メルボルンの老婦人@台湾 龍山寺@台湾 >>