Les Miserables / レミゼの音楽 2
前回からの続き。
レミゼの音楽について語ります。






5. One Day More

後半部のオールキャストで歌われる"One Day More"では、革命前日の登場人物それぞれの思いが歌われます。
そのシーンに相応しく、この曲はいくつものメロディーが重なり合って一つのメロディーになっていく、とてもミュージカルらしい曲です。

歌い出しのバルジャンは、前半部の"Who Am I ?"(自分の代わりに捕まった囚人を助けに行くかどうか、葛藤するシーンの曲)のメロディーから始まります。

そこに、同じく前半部の一曲"I Dreamed Dream"(夢やぶれて)のファンティーヌのメロディーが重なってきます。マリウス、コゼット、エポニーヌがそれぞれの恋心を歌うシーンです。

そして、恋心から戦いへマリウスの心が切り替わると、リーダーのアンジョルラスが"One Day More"のメロディーで歌い始め、二人のコーラスへ。

そして、再びバルジャンの"Who Am I ?"のメロディーに戻ると、今度はジャベールが「革命まであと一日。学生達を迎え撃つ準備はできている」と、さらにメロディーを展開させます。

そこでひょっこり顔を出すのが、テナルディエ夫妻。
前半部で歌われた"Master of the House"(テナルディエ夫妻登場時の曲)と同じメロディーで歌います。
夫妻が登場するときはいつもこの曲。道化らしいユーモラスなメロディー。

そして曲のサビ、"One Day More"の合唱へ。
それまで歌って来た各キャラクターのメロディーが同時にコーラスで歌われた後、全員が同じ一つのメロディーを大合唱します。

それぞれの"革命前夜"。
異なる思いを抱いた人々が、革命と言う一日へ収束していく、象徴的な一曲です。


6. Fantine's Death (ファンティーヌの死) / On My Own / Epilogue

前半部の終盤、ファンティーヌの死のシーンで登場してくるメロディー。
このメロディーが再登場するのが、後半部でエポニーヌが歌う"On My Own"。
『レ・ミゼラブル』の劇中歌でも、"I Dreamed Dream"に次いで人気の高い一曲だと思います。

映画でエポニーヌを演じるサマンサ・バークスは、舞台版『レ・ミゼラブル』のロンドン公演でも同役で出演している舞台女優さんです。
その歌声は、私が持っている2010年版の25周年記念CDの"On My Own"と同じでしたが、歌い方はやはり映画と舞台では少し違っていて、それもまた面白い発見でした。

この"On My Own"の切ないメロディーは、さらにラストの見せ場で再び登場します。
バルジャンが天に召されるシーン。コゼット、ファンティーヌ、バルジャンが歌うのです。
愛を知り、娘を愛し抜いたバルジャンの思いは、最後の最後にしっかりとコゼットに届きます。

娘と生きられなかったファンティーヌの叶わぬ夢や、エポニーヌの叶わぬ恋を歌う曲と捉えられることが多い一曲。
ですが、私は敢えて、このメロディーは純粋に愛する人を想うシーンで使われる曲だと捉えています。

ファンティーヌから娘への母親の愛。
エポニーヌのマリウスへの恋人の愛。
バルジャンとコゼットの親子愛。
多くの人を魅了するのも分かる気がします。


7. Do You Hear The People Sing ? (民衆の歌) / Finale (フィナーレ)

「人々の声が聴こえるか?」と歌われる革命の歌。
暴動の最初でアンジョルラスやマリウス、学生達によって力強く歌われる、戦意を鼓舞するようなメロディーです。

この曲は、ミュージカルでも映画でも、ラストを締めくくるフィナーレで再登場します。
全く同じ曲のように聴こえますが、実は歌詞が少し変わっています。
劇中歌でアンジョルラスらが歌った際は、「怒れる者の歌が聴こえるか?」「 戦え! それが自由への道」と、革命へ導くような歌詞になっていますが、フィナーレでは「どんな闇夜も明ける日は来る」「彼らが夢見た明日が来る」と、希望に満ちた歌詞になっています。

愛情や苦悩、優しさや切なさ、苦しみや絶望。
多くの人々の思いが生まれては消え、次の時代へ繋がっていく。
全ての人が精一杯自分らしく生きたこと。言葉通りの惨めさでは決してなかったこと。

「私達の歌が聴こえるか?」

この歌は、『レ・ミゼラブル』という劇から私達への問いかけのようにも聴こえました。
登場人物一人一人の声を、何一つ聞き逃すことなく感じてほしい。
そんな『レ・ミゼラブル』というミュージカルから観客一人一人へのメッセージが込められているのかもしれません。

こういった音楽の観点、あるいはヴィクトル・ユゴーの原作の観点、フランス革命の歴史の観点、あるいは出演する俳優達の歌い方の観点。そういった様々な点から語っても語り尽くせないレミゼの世界。
いつかロンドンの舞台で本場の"Les Mis"を観るのが私の夢の一つです。
[PR]
by norlie | 2013-01-19 18:53 | Movie / TV | Comments(2)
Commented by the-sahara at 2013-01-19 23:06
こんばんは!
ご無沙汰してます。
本年もよろしくお願いいたします!

映画の予告に心惹かれて、この間子供向けの『レ・ミゼラブル』を
手にしたところです。
少しずつ読んでみようと思います。
原作はとても長いのですね。いつかチャレンジできるかな。

ミュージカルも映画も観たことがないのですが、norlieさんの記事を
読んで、ますます興味がわいてきました。
一度観てみようと思います。
Commented by norlie at 2013-01-19 23:46
> saharaさん、こんばんは!
忙しい中、コメントをくれてどうもありがとう!今年もよろしくね!

レ・ミゼラブル、近年稀に見るとてもいい映画だと思います。
すごく心を揺さぶられるんだけど、見終わった後はとても希望に満ちた気持ちになったよ。
映画のストーリーと、役者さんの演技と、音楽の力が合わさると、こんなふうになるんだと久しぶりに見応えを感じたミュージカルでした。

私も原作をきちんと読んだことがなくて、舞台を観る前は教科書に載っているジャン・バルジャンのお話だけ知っていたような感じでした。
教科書に載っていたのは本当にすごく最初のほうだけだったんだなって、びっくりした。

子育てでなかなか自由な時間はないだろうけれど、もしチャンスがあったら是非観てみてね!
私はエポニーヌというキャラクターが好きです。恵まれない生まれなんだけれど、すごく純粋で奥深い女性なんですよ〜。
いつかsaharaさんとレミゼを語り合えたら、すごく嬉しいです!
どうもありがとう!
<< 吹雪の十和田湖へ Les Miserables ... >>