車で巡るみちのく潮風トレイル(階上区間)
先日の階上岳登山の際、図らずも、みちのく潮風トレイルの階上区間チェックポイントの一つ、フォレストピア階上でスタンプを押すことができた。
せっかくなので、階上区間の他のチェックポイントにも行ってみることに。
ただし、今回は歩きではなく、車で出発。

先日、八戸区間を踏破した際に歩き始めた大久喜漁港を通り過ぎ、さらに南下する。
このあたりの海沿いを走ったことはないので、見たことのない景色の連続で、ドライブがとても楽しい。
大蛇漁港を通り過ぎ、次の追越漁港にある坂下商店さんが最初のチェックポイント。
坂下商店は釣り具や日用品を置いている個人商店さんで、海の目の前にある。
海釣り用の釣り船も出してくれるとか。

お店の中に入ってスタンプを頂く。
何も買わないのもちょっと申し訳なく感じて、なぜか片栗粉とあさげのお味噌汁を購入。
釣り竿を持ってきていたら、釣り餌でも買ってこのあたりで釣りをしたかったなと思った。
このあたりの海で釣れるアブラメは最高なんだよね。お刺身で食べたい。
そういう道草も楽しそう。

e0048530_12381059.jpg

みちのく潮風トレイルの公式ルートとしては、階上駅のところから一度大きく内陸に入って、階上岳のほうへ行き、また海沿いに戻って来て、最後のチェックポイントである野村酒店に行く・・・というもの。
が、階上岳周辺は、先日の登山のときに踏破済みだったので、そのまま海沿いを走って野村酒店へまっすぐ向かう。

野村酒店があるのは小舟渡漁港。
小さな漁港には舟が何艘か上がっていて、誰もおらず、波の音がのんびりと耳に優しい。
一番忙しい早朝の後の、長閑な時間帯の漁港。天気もよく、暑くもなく寒くもない。
これは気持ちいいなあ。

漁港って、すごく好きだ。
日本全国いろいろな漁港に行ったけれど、どの漁港もみんな人懐っこくて、長閑で、豪快な感じがする。
そして、どの漁港にも共通しているのは、気持ちいいくらい広々とした海景色。
その中に入り交じる、自然と隣り合わせの場所で働く人達の緊張感。

e0048530_12382797.jpg

野村酒店でスタンプを頂いた後は、階上岳のほうへ車を走らせ、先日の登山では立ち寄らなかった寺下観音方面へ。
階上岳の登山口はいろいろあるが、寺下観音もまた、登山口の一つになっている。

そんな寺下観音のすぐ傍にあるのが、チェックポイントの一つ、観音茶屋・東門。
階上町の特産品の一つ、早生蕎麦を頂ける食事処で、中に入ると山小屋風の、とても風情のある内装になっている。
重厚な木の造りで、吹き抜けの天井近くには幾重にも立派な梁が見えた。
2階へ登ってみると、梁の隙間から1階の店内が見え、こちらもまたとても雰囲気が良い。

こちらでは昼食にお蕎麦を頂くことにした。
平日であるせいか、このあたりで働いている思われる作業服のおじさん達が何組かやってきて、ランチを楽しんでいく。
中には一人で来る人もいて、この雰囲気の中、静かな休み時間を楽しんでいるように見えた。
お昼休み、一人でほっと一息って感じ。

そういえば、こちらのお店は、夜は地元のジャズ喫茶にもなるようで、店内にはグランドピアノやドラムセットも置いてある。
玄関先には、ジャズライブの広告や、アマチュアバンドのCDなども置いてあって、隠れた穴場と言った感じ。
1998年からあったお店のようだけれども、全然知らなかった。
いつか夜にも来てみたいなあ。

e0048530_1701544.jpg

これで、階上区間全てのスタンプが集まったので、観音茶屋・東門で区間踏破認定証とピンバッジを頂く。
実際に歩いたのは階上岳だけだけど、今まで知らなかった階上町の魅力が色々分かったので、まあ、良しとする。

帰り道、階上町で毎年ひっそりと植えられている田んぼアートを見て行くことに。
稲が伸びて少し絵柄がぼんやりしているが、白馬と仔馬。
田舎館村を見てきた直後なので、どうしてもあちらと比べると出来には差があるが、地元の人が一生懸命植えたんだなあとちょっと胸が温かくなった。

e0048530_12383650.jpg

このときは全く気づかなかったのだが、階上町の田んぼアートは、毎年干支をテーマにしているとのこと。
それで、馬だったんだなあ。
見たときは「なぜ、馬? 近くに家畜小屋があるからか?」と、見当違いなことを考えていた。
こちらのサイトさんに過去の田んぼアートが掲載されていて、個人的には2011年の「うさじいとどーもくん」を見たかったです。
来年は羊。可愛い絵柄になりそうな予感。また見に来よう。

田んぼアートの傍には、可愛らしいピンクの花が咲いていた。
いいなあ、こういう景色好き。

e0048530_12384326.jpg

という訳で、階上岳登山をきっかけに頂くことができた、階上区間の区間踏破認定証とピンバッジ。
実際には踏破していないけれども、もらうと嬉しい。
階上区間のピンバッジは、灯台とツツジ。とても素敵なデザインのピンバッジでした。
八戸のピンバッジもそうだけれども、町のシンボルが描かれているイラストがすごくいいなあと思う。
[PR]
by norlie | 2014-10-22 12:38 | ぷらっと青森
<< ごらんあれが竜飛岬、北の外れと 青森ウォーターフロントにて (... >>