もしも人生をやりなおせるなら / ナディーン・ステア hondana
書店で久しぶりに絵本を買いました。
タイトルは『もしも人生をやり直せるなら』。
数十年前、アメリカに住む85歳のおばあちゃん、ナディーン・ステアが書いた"If I had my life to live over"という詩を和訳し、可愛らしい絵を添えた本です。

85歳のおばあちゃんが書いた「もしも人生をやり直せるなら、どんなふうに生きたいか」。
ナディーンさんは、作家でもなく、ふつうの平凡な女性だそうです。
詩の中でもこんなふうに書いています。
「ごらんのとおりわたしはごくふつうの人間です。
いつだって、どんなときでも、コツコツまじめに生きてきました。」

「こんどはもっとたくさん失敗したい」「よけいなチカラをぬいて、いつもリラックスして暮らす」「そして、おかしなことをたくさんする」のように、もしも人生をやり直せるならどんなふうに生きたいかが綴られています。
自分に置き換えたとき、どれも共感できるものばかりでした。

ちょっと面白かったのは「好きなだけアイスクリームを食べ、豆ばかり食べるのはよそう」という一文。
ナディーンさんは、健康のために無理して豆を食べてたのでしょうか。詩の中にまで書くほどに。
時代や土地柄もあるのかもしれませんが、そう思ったら、ナディーンさんの率直な気持ちが面白かった。

そんな感じで、ワンセンテンスずつ素敵な挿絵と共に、綴られています。
挿絵も本当に可愛らしく、おっとり優しい、そしてちょっと可愛らしい絵になっていて、素敵です。
また、絵本になっているので、自然と、詩の一編一編をゆっくり味わえること、それがよかったです。
e0048530_01103982.jpg
詩の中に出てくる多くの言葉に共感するのですが、特に好きなのは、
「もうなんでも深刻にうけとめることはやめる」
「きっといまよりも問題は増えるかもしれない。でも、頭の中だけの心配事は減るだろう」
です。わりと心配性で、何でも深刻に考え込んでしまいがちな自分は、色々妄想を膨らませてしまうこともしばしば。
「頭の中だけの心配事は減るだろう」と言う言葉に、そのとおりだなあと思ってしまいました。

これが「30歳の人が書いた」だったら、きっとこんなに共感できない気がします。
なんというか、85歳と言うその年齢ゆえか、この詩に綴られる一つ一つにとてもリアリティーが溢れているような気がしました。
読む側も真摯な気持ちになってしまう。85歳のおばあちゃんから、話を聞くときのように。

毎日、仕事や家事に追われていると、ついつい流されるままの日々を過ごしてしまいがちです。
そんなとき、この本を読むと「私が85歳になったとき、もしも人生をやり直せるならどう生きたいだろう」とふと思いを巡らせます。そうすると気づいたときには、日々の雑事より大切なことを少し思い出せる気がします。
自分の人生で大切にしたいこと。やりたいこと。心を向けたいこと。実現したいこと。

本の最後には、原語(英語)の文章が載っています。
原語を読むと、和訳と異なるニュアンスの文章もたくさんあって、そちらも楽しめました。
e0048530_01115221.jpg
夏は部屋で香を焚くことが多く、香の香りに包まれながら、のんびりソファの上でナディーンさんの文章を読んでとてもリラックスできた気がします。
頑張りすぎないで、心配しすぎないで、深刻にならないで、ただ、人生を楽しめばいいのよ。
そんなナディーンさんからのメッセージを受け取ったような気がします。

[PR]
by norlie | 2015-06-28 01:44 | Books
<< 夏の暮らし 紫陽花と海街diary >>