夏の鳴子峡 & 秋保大滝へ @宮城
宮城県を訪れて最初に行ってみたのが鳴子峡。
紅葉で有名な場所だが、夏の鳴子峡も気持ちよさそうなので行ってみることに。

東北自動車道の古川ICを降りて国道47号線を北西へ向かうと、鳴子温泉に着く。
その鳴子温泉を過ぎて少し行ったところに、鳴子峡があるとのこと。

駐車場へ降り立ってみて、最初はどっちの方向が鳴子峡なのかよくわからなかった。
とりあえず、開けた方に歩いて行ってみるとすぐに、あの有名な景色を発見。
これだ!
e0048530_21564796.jpg
この景色に、心の色眼鏡で紅、黄、オレンジ色の秋景色をイメージしてみる。
うーん、美しかろう!

まさにこれがいろいろなポスターやテレビで見た鳴子峡。
今は青々としているけれど、それもまたとても気持ちいい。

駐車場も閑散としていて、過ごしやすかった。
秋はさぞ美しい景色が見られるのだろうなと思う反面、人でごった返すのかなあと思うと少し大変そう。

それにしても、ポスターでよく見ていたこの景色の中心にある橋。
鳴子峡といえばこの橋がどの写真にも出てくるけれど、この橋はまさに今、ここへ来るときに車で通ってきた国道47号線。
この橋って国道47号線の橋だったのね〜と、それはそれでしみじみ驚いた。
もっとなにか、山奥の橋とかをイメージしていたので。

この峡谷の木々が全て紅葉で色づいたら、本当にため息が出るような美しさになることだろう。
観てみたいなあと思いながら、後にしたのだった。
(この後は、前回の日記に書いた、仙台うみの杜水族館へ行きました。)

e0048530_22043238.jpg
翌日、仙台宿泊後に真っ先に向かったのは仙台の奥座敷・秋保温泉にある秋保大滝。
幅6メートル、落差55メートルのこの滝の良いところは、滝つぼまで歩いて降りることができ、間近で滝を見られること。
しかも、滝つぼまでわずか5分で、結構さくっと行ける。
(その代わり、帰りは急な階段を登ることになる。登りはつらいと聞いていたので、とてもゆっくり歩いたおかげか、私はそこまで疲れずに済みました)

滝つぼまで降りてみて思ったことは、確かにすごく近い!
滝の水飛沫が顔にかかり、眼鏡が飛沫でびしょびしょに…。
マイナスイオンいっぱい、というより水滴いっぱいの滝つぼ遊び。楽しかった!

そして、滝つぼの迫力と涼しさもさることながら、振り返ってみて、思わずはっと息を呑んだのは、滝から落ちた水が流れていく渓流の美。

e0048530_22042928.jpg
滝つぼから飛んでくる細かい水しぶきが夏の日差しできらきら反射し、光のベールのように見える。
その向こうに、幻想的な渓流の風景。
大瀑布だからこその水飛沫と、光が織成す美しい渓谷美でした。

[PR]
by norlie | 2016-08-20 09:54 | ぷらっと南東北
<< 伊達政宗公を探して、瑞鳳殿へ ... いのちきらめく うみ / 仙台... >>