旧ロシア人街@中国・大連
大連駅より北側、勝利橋を渡って、すぐのところにあるのが"旧ロシア人街(俄羅斯風情街)"。
オフシーズンだったせいか、活気はほとんどなかったけれど、ひっそりと佇む洋風建築の看板には、確かにキリル文字が書かれていた。

e0048530_2345194.jpg
オフシーズンとはいえ、少なからず露店も出ていて、私もちょっとお買いもの。
カラフルなマトリョーシカは、目もとぱっちり。色の饗宴は何ともアジアらしい雰囲気だけれど、これってロシアの入れ子人形なんだよなあ。

「ロシア人街で買い物するときは、必ず値段交渉をすること」と教えられたとおり、どのお店でも値引き交渉が通じる。
ゆっくり買い物をしたかったので、日曜の朝、私一人でロシア人街へ行った。お店の人はほとんど英語が通じないのだけれど、電卓と、"太貴了!(Expensive!)"という一言があれば、十分に交渉の余地はある。
友人へのお土産用に、ロシア煙草と、聖ソフィア聖堂を模した小さな鏡をいくつか。150元を80元まで値引きしてもらった。ついでに自分用も追加で1つ、おまけしてもらう。



帰り際、ふと目に入った、赤いパシュミナストールが気に入って、こちらも値段を尋ねてみる。
"180"という数字を電卓でたたかれたので、思い切って「"50"にして!」と交渉スタート!
「ばか言わないでくださいよ」というような雰囲気で、"160"と電卓で示されたので、「それなら要らない」と、立ち去ろうとする私。
すると、何かいろいろ言いながら、"150"と電卓をたたいてくれる店員さん。
「そんなに高いなら要りません」と再び立ち去ろうとする私。
その後、この繰り返しでどんどん値段が下がるも、「それなら要らないです。ほんとに結構です」という感じで、立ち去ろうとし続けたら、最後にはなんと「じゃあ、"50"にするわ!」と、電卓をたたかれた!

見事、交渉成立!
180元で始まったパシュミナストールは、50元で私の手元にやってまいりました。
100元以下まで下がったら買おうと思っていたのだけれど、まさか50元まで下がるなんて。
本当はいくらだったんだろう。180元は、少し足元を見られての値段だと思うけれど、50元よりは高そうな感じ。
「持ってけドロボー!」と思われていたかもしれないけれど、とりあえず心の中でガッツポーズした。アジアでの買い物は、これこそが醍醐味だ。

e0048530_23502375.jpg

通りの一番奥には、帝政ロシアによって建築された建物と、噴水。
この寒さのせいか、あるいは古さのせいか、噴水から水は出ていなかった。夏になったら出るのかな。
往時を忍ばせる部分もあるけれど、それ以上に朽ち果てた雰囲気が物寂しい。
昔は、ここにもロシア人がいたんだろう。だけど今はロシア人は見かけない。ただ、風情が漂うだけ。



たくさん歩いて、買い物も楽しんで。
もと来た道を戻る頃には、すっかり体も冷え切ってしまった。
ロシア人街を出たところで、ふと気づいた。そういえば、たった一人で異国でショッピングをしたのは、これが初めてだったかも。
[PR]
by norlie | 2009-02-01 23:55 | 中国旅 | Comments(8)
Commented by non at 2009-02-03 09:32 x
中国にあるロシア人街ですか、面白そうですね~。
休日の朝、知らない街にひとりで買い物に出掛けるnorlie さんを想像して、
ワクワク楽しい気持ちになりました♪
マトリーショカって何となく心惹かれますよね(笑)。
写真もかわいらしい。
値引き成功したパシュミナストールもちらりと拝見してみたいな~。
Commented by pocchi-8 at 2009-02-03 19:26
ロシア人街でのやり取りの面白いこと!
その場面が目に見えるような臨場感です(笑)。
「本当はいくらだったんだろう」・・・
ほんといくらだったんでしょうねぇ。
損してまで売るわけないし・・・。
大連はロシアの風情がそのまま残ってるんですね。
それも帝政時代の。
その街に行ってみたくなりました。
もちろん値引き交渉も経験しなくちゃね(笑)。
Commented by なおじょ at 2009-02-04 19:51 x
遅くなったけど、無事帰ってきて安心したよ~。

前に書いてあったけど、ほんとにテレビでよく見るような中国の町並みと全然違うんだね。
私だと、漢字が見えなければ中国だと想像もできなそう。

値引き交渉はお見事!!(笑)
Commented by norlie at 2009-02-05 01:11
> nonさん、こんばんは!
そうなんです!マトリョーシカ!名前からして、なんとなく可愛らしいですよね。人形自体も、どこか民族的な香りがして、なぜか少し惹かれてしまいます。
同様に、キリル文字も、どこかミステリアスで独特で、結構好きです。
読めないんですけれど。でも、読めたら素敵だな~、なんて。

パシュミナストール。大連での勤め先の部屋が少し寒くて、買ったのですが、予想以上に暖かくて結構重宝しました。
いつか、日記でも紹介する機会があれば、写真を載せますね!
Commented by norlie at 2009-02-05 01:18
> ポッチ~さん、こんばんは!
値引き交渉…初めて体験したのは、大学生の時のベトナム旅行だったのですが、そのときは恥ずかしくて10ドルを9ドルにしてもらうとか、同じ値段で一つおまけをつけてもらうとかしか、できませんでした。
一緒に行った友達は、アグレッシブに値引き交渉を楽しんでいて、すごいな~と思ったのを覚えています。

それが糧となったのか、今となっては私も一人前に交渉できるようになりました!年をとって、いろいろ図太くなったんでしょうか(笑)

大連は、わりと洋風な街並みが多かったです。
ロシア人街もそうですし、他の場所も少なからず洋風建築が多いように感じました。だけど、看板はどれも中国語で、和洋折衷ならぬ、中洋折衷という雰囲気です。
異国の中の異国。なかなかおもしろい場所でした(^-^)
Commented by norlie at 2009-02-05 01:24
> なおじょさん、こんばんは!
無事帰ってきたよ~!ありがとう!

私も、中国と言えば、上海とか香港とかの街並みを予想していたので、大連は随分違うんだな~と思ったよ。
大連の人にも、「上海や香港とはだいぶ違うんですね」って言ったら、「そうです。ぜんぜん違います。中国は広いですから」って。
大連と似た雰囲気の街だと、青島とか瀋陽とかなんだそうです。少なくとも、大連で一緒に働いた方は、そう感じるらしい。
でも、その人の故郷ウイグル自治区は、さらに北西のほうで、一面砂漠なんだそう。本当に、日本とは比較にならないくらい広いんだなあって思ったよ。

なおじょへのお土産も、ロシア人街で買いました!
今度実家に帰るときには、持っていくね!
Commented by gucchan at 2009-02-06 07:56 x
ども。さっそくブログを見ました。
写真がいいですね~。
カッコよく値段交渉しているところ、昨日の話でもこのブログを見ても
はっきりイメージできました!
Commented by norlie at 2009-02-08 21:14
> gucchanさん、こんばんは!
見てくださってありがとうございます。

仕事のおかげで、こういう貴重な経験もさせてもらって、今回は本当にいろいろ考えさせられました。
大変なこともあるけれど、人との出会い、仕事との出会いに、心から感謝です。

お買いもの、カッコよく(?)値段交渉できていればいいんですが・・・(笑)
実際は、必死だったり、戸惑いまくりだったり、恐縮したりで、どう見えていたのやら・・・。
とはいえ、少しでも、中国で私が体験したことが伝われば幸いです。

これからも、気が向いたら、また読みに来てくださいね。
<< 瑞祥茶庄@中国・大連 新年のご挨拶と、出張のこと >>