瑞祥茶庄@中国・大連
e0048530_2252274.jpg
友好広場の角に、そのお店がある。

小さめの扉を開けて中に入ると、暖かな空気と、お茶の香り。
店の中はお世辞にも広いとは言えないけれど、奥のほうに1つだけあるテーブルの周りは、驚くほどたくさんのお茶と、茶器に囲まれていた。

入口を入って右側には、ばら売りの茶器。
まだ開けていない在庫品の箱もちらほら見える。
奥に行くと、セットの茶器も置いている。品揃えもいいし、品もいい。

左側の棚には、お茶の入った大きな缶が雑然と並べられていた。よく見ると、手前から、茉莉茶、工芸茶、白茶、緑茶、青茶、紅茶、黒茶の順に並んでいた。



一緒に出張した先輩は、4、5年前にも、仕事で大連に長期滞在した経験のある人。
その彼が、以前の滞在の際に、よく一人で通っていたというそのお店。
実際に行ってみて、私もすぐに、その良さがわかった。
他のお店ではなかなか見つからなかった白茶がすぐに見つかったこと。
大型チェーン店の、次から次へと高価なお茶や茶菓子を勧められる、あの落ち着かないプレッシャーもなかった。

二週間の滞在の間、すっかり行きつけになったそのお茶屋さんの名前は"瑞祥茶庄"。
「瑞」はめでたい、「祥」は兆し・・・の意味なんだそう。店員さんの一人が日本語で教えてくれた。

e0048530_22525973.jpg
大連のお茶屋さんはたくさん試飲させてくれる。
それがもう、一杯のみならず、じっくり何煎もいれてくれるものだから、カフェでお茶をするのと同じくらい長居させてもらえる。

とても自然に、ゆったりと時間が流れていく、その心地よさ。
凍える体にすーっと沁み渡る温かいお茶。
ローテンションの優しい会話。
外の喧噪も、零下の空気も、この店の中には入ってこない。
暖かさで満ちた店内は、本当に居心地がいい。



彼女たちの上司である店長さんは、落ち着いた優しい雰囲気の、素敵なおじさん。
日本語もとても上手で、お茶の背景や由来、茶園のお話などを滔々と語ってくれながら、少しも手を止めることなく、絶妙のタイミングでお茶をサーブしてくれる。
同僚の彼が、以前一人で来た時も、その店長さんがお茶を淹れてくれたんだそう。ずっと思い出に残っていたらしく、彼は大連に来る前からその話をしてくれた。

最終日、そのお店に最後に立ち寄った後、先輩が言った。
「あの店長さん、前と外見は少し変わっていたけれど、話したらすぐにわかった。昔と全然変わってなかったよ。数年前も、ああやって話しながら、どんどんお茶を入れてくれてさ。それが本当においしかったよ。」

懐かしむように言った先輩の顔をみて、私もつい嬉しくなった。

「思い出の人に会えてよかったですね」
いい思い出と再会した人の顔は、とても優しい顔になる。
そこに立ち会えたことに、少し感謝する。

私もいつか、この思い出と再会できるといいなあ、と思いながら、空港に向かうタクシーに乗り込んだ。
[PR]
by norlie | 2009-02-08 22:52 | 中国旅
<< 大連街歩き@中国・大連 旧ロシア人街@中国・大連 >>