カテゴリ:台湾旅( 3 )
 
メルボルンの老婦人@台湾
今回の旅では珍しく自分へのお土産をほとんど買わなかった。
買ったのは、茶葉だけ。台湾桂花烏龍と阿里山茶。
中国茶の茶器はたくさん持っているので、ぐっと我慢した。

お茶をいただきながら、旅の出会いを思い出す。
e0048530_14221159.jpg

太魯閣渓谷へ行くのに、珍しく日帰りツアーへ参加した。
日本の旅行会社ではなく、現地のツアーを申し込んだため、参加者はアメリカ人、オーストラリア人、中国人、日本人…となかなか国際色豊かなメンバだった。

オープンでフレンドリーなアメリカ人。目が合うと必ずスマイルだし、一言二言交わすだけなのに、冗談を交えてくる。
例えば、ごついCanonのカメラを携えて写真をとっていた一人旅のおじさんに、「いい写真はとれた?」と尋ねると、「ああ、もちろん。僕にはPhotoshopがあるからね」とにやりと笑う。そんな感じ。
中国の方は、育ちの良さが窺える、紳士的な人達だった。わからないことを質問すると、「うーん、僕もわからない」と言うのだけれど、数分後には戻ってきて「これはこういうことなんだって」と教えてくれる。わざわざ、他の誰かに聞いてきてくれたのだ。


気さくなメンバの中でも、私が一番おしゃべりを楽しんだ相手が、オーストラリアから来たご婦人。
彼女は、メルボルンから一人でいらっしゃったのだそう。
70近い年齢の女性で、綺麗なプラチナブロンドの髪に、優しいブルーの瞳。リュックを背負って、山道も元気にてくてく闊歩する姿が印象的だった。

この日、私たちが訪れた太魯閣渓谷は曇り空。霧に包まれた渓谷を見て、青空が良かったなあと残念に思った。
そんな中だったので、彼女と私の最初の会話は、ごくありふれた天気の話題。
「素晴らしい景色ですね。でも、晴れの日のほうがいいと思いませんか?」
私が尋ねると、そのご婦人は少し考えてから答えた。
「どうかしら? 太陽の光は、この場所には眩しすぎる(too bright)と思うわ。霧があって、霞んでいたほうが似合うと思う」
"眩しすぎる"と言われて、太陽の光にきらきら輝く奇岩怪石を思い浮かべたら、確かにイメージが少し違うかもと思った。
「その方が神秘的ですね」と言いたくて、"mysterious"と"mythical"と呟いてから、" I don't know what to say in English..."と困っていたら、"You mean 'mystic'?"と助けてくれた。
「そうね、私も本当に(totally)そう思うわ」
と、彼女はにっこりした。

それから、観光客向けに台湾産の宝石やらアクセサリやらを売る土産物店で、特に買うものもなく、暇を持て余していたらおしゃべりに誘われた。
二人で大理石の椅子に腰掛ける。

「こういうお土産を買うのはアメリカ人よね」
茶目っ気たっぷりの目で言う。視線の先では、アメリカ人の男性二人が、アクセサリを購入していた。
「彼らは、奥さんや娘さんに買うのよ」
「ご家族思いなんですね(They really love their families.)」
「あなたは買わないの? アクセサリは嫌い?」
「いいえ、そんなことはないんですけど。自分のアクセサリはほとんど買わないし、持っていないんです」
「でも、そのネックレス、素敵な色だわ」
彼女は私のネックレスを指して言った。このとき私は、赤いブローチのようなネックレスをしていた。
「これは、母がくれたものなんです。私が持っているネックレスは、ほとんど家族や友人達からもらったものばかりで…。ストーリーのあるものが好きなの。ただのネックレスじゃなく」
素敵ね(lovely)、と彼女が相槌を打つ。
「それがあなたの、物の愛し方なのね。あるいは、物を愛する理由。(That is your way to love something. Or the reason why you love a thing.)」
物の愛し方。そう言われると、照れくさいけれど嬉しい。胸に手を当てて、感激したと言うジェスチャをして、ありがとうと言った。
e0048530_14225029.jpg


「あのネックレスは、あなたによく似合うと思います」
私が、翡翠のネックレスを指して言った。そう?と聞き返される。
「あなたの髪はとても綺麗なプラチナブロンドだから、翡翠色(jade green)は、とても良く似合うと思います」
私がそう言うと、彼女の方が少し照れくさそうに肩をすくめた。そしてその後、本当に嬉しそうな笑顔で、自分の髪をつまみながら少し自慢げに言った。
「この髪は染めていないのよ(natural)」
「本当に?羨ましい!」
このとき、思わず直訳して"I envy you"と言ってしまった。ネガティブな意味にとられなかったか、"lucky"と言い直そうかと、少し不安だったけれど、彼女は前後の会話や私の表情から、私が本当にそう思っているんだと感じてくれたようだった。
「ありがとう。あなたの髪も素敵よ」
「私の髪の色は、地毛じゃないんです。染めているの。本当は真っ黒なんですよ。あなたの髪は本当に綺麗だから、とても羨ましい(You're so lucky!)」
彼女は、また本当に嬉しそうに微笑んだ。ずっと年上であるはずなのに、少女みたいな愛らしい笑顔で、私は思わず見惚れてしまった。
「白い人は黒を、黒い人は白を求めるものね(The white wants black. The black wants white.)」

その後も、メルボルンの話を聞いたり、彼女のこれまでの旅の話を聞いたりした。
私はメルボルンへ行ったことがないので、「どんなところか?」と聞いたら、「そうね、それほどいい場所ではないわ。海が近くて、マリンスポーツが好きな人にとっては最高の街だけれど、私にとっては別にね」と言っていた。
「でも、オーストラリアに留学した友人が言っていました。メルボルンは本当に美しい建物が多くて、人も本当に優しくてピースフルだって」
私がそう言うと、
「そうね、人はとても優しいわ。建物も歴史があって綺麗よ。あら、あなたの言う通り、確かにいい街だわ。私はいい場所に住んでいるのね」
と笑う。素直な人だなあと思った。
そんな彼女は、台湾だけではなく、たくさんの国を旅しているのだそう。
日本にも来たことがあるそうで、東京、京都、奈良、大阪などへ行ったと教えてくれた。
それから、日本で、いかに親切にされたか、素晴らしい場所だったかを話してくれた。途中で時間がきて、バスに戻らなければならなくて、会話が一旦中断したのだけれど、バスに戻ってからも、わざわざ私の席まで来て話してくれた。

日本は本当に素晴らしい国よ。
建物の雰囲気もすばらしくて、とても清潔で美しい。
人々は本当に親切で、礼儀正しくて、大好きになったわ。
本当に感動したの(touched my heart)
絶対にまた行きたいわ(I do want to visit your country again)

思わず手を握らんばかりの勢いで言われて、相槌を打つ間もなく、私はひたすらうんうんと頷いた。
「ありがとう、そう思ってくださってとても嬉しい」と伝えると、満足そうに自分の席に戻っていった。

ツアーの最後、駅の人ごみの中、別れ際に「あなたのおかげで本当に楽しい時間を過ごせました。ありがとうございます」と伝えた。
彼女は私の手を握って言った。
「ありがとう。私もとても楽しかった。だから私は日本が大好きなのよ(thay's why I do love Japan)」

それからツアーコンダクターに急かされるままに、駅で別れた。
住所の一つでも渡せばよかった。そう気づいたのは、帰国してからだった。
年を取っても、世界中を元気に旅する老婦人。
私も、彼女みたいに年を取りたいなあ。
[PR]
by norlie | 2011-07-31 14:23 | 台湾旅
 
太魯閣渓谷@台湾
2日目、終日かけて遠出した場所は、太魯閣渓谷(タロコ渓谷)。
台北から東に、飛行機で約30分。花蓮空港からバスでさらに約30分くらいの場所にある。
国立公園にも指定されている、台湾随一の景勝地は、見上げてもなお、雲に隠れてしまうほどの大きな奇岩怪石の峰が連なる、不思議な場所だった。

バスに揺られながら、花蓮の町を通り過ぎ、徐々に緑深い山地に入っていく。
やがて見えてくるのは、水の流れが刻まれた、美しい絶壁。
その間を、綺麗な翡翠色の渓流が縫うように流れていく。

e0048530_2491389.jpg


この渓谷は、立霧渓(たっきりけい)という河が、とても長い時間をかけてゆっくりと大理石の岩盤を浸食してできたのだそうだ。
ロッククライマーが登りそうなほどに垂直な岩壁は、まるでストンとおちる崖のよう。
都会の高層ビルよりも遥かに高いそれは、自然が作り出した、壮大なスケールの芸術作品みたいに感じる。
こんな果てしないものを作り出す力が地球にはあるんだと、圧倒される。


数時間かけて、バスに乗り降りしながら、渓谷の様々な場所を巡っていく。
どの場所でも、目前に広がるのは、圧倒的なスケールの巨大彫刻。
それも、人間の手では決して作れない、偶然が作り出した流線形の美。
うまく表現する言葉が出てこず、「すごい」とか「信じられない」とか、ずーっと感嘆ばかりを繰り返していたような気がする。

e0048530_2252643.jpg

太魯閣渓谷の終盤、天祥という場所に行き着く。
ここでは、祥徳寺というお寺に立ち寄った。
霧深い山の中腹に、ひっそりと佇む仏教寺院。
赤い橋を渡って、何段も何段も階段を上ると、白壁と大理石の廊下が美しい本殿へ辿り着く。
山の木々の間から、周囲を見渡すようにそびえる七重塔と、観音菩薩像。
山地特有の清涼な空気の中で、寂然とした佇まいが印象的だった。
山々に囲まれた、小さな峰のてっぺんに在るので、「天空」という言葉がふっと頭をよぎった。
寂しさだけじゃなく、静けさだけじゃなく、「天空」と言う響きが持つ、なんだか綺麗で明るいイメージがあった。


太魯閣渓谷。
訪れるのは一日がかりだけど、その価値がある景勝地。
自然の力強さ、繊細さ、壮大さ。そういうものが、アジアならではの幽玄な美と共存する大渓谷。
今でこそまだ世界遺産には指定されていないものの、そうなる日も近いのではないだろうか。
[PR]
by norlie | 2011-07-24 22:05 | 台湾旅
 
龍山寺@台湾
この春、4月中旬に台湾に行ってきた。
折しもそれは震災の約1ヶ月後。
「日本のためにたくさんの援助をしてくれた台湾の人へ、お礼の気持ちを伝えよう」
それを、私自身の旅のテーマとすることにした。

2泊3日の小旅行なので、中日を遠方への旅にあてることにして、初日と3日目は台北で過ごす。
西門駅周辺の散策、故宮博物館の見学、信義区でのショッピングなど、わりとベーシックな観光地巡り。

友人達と別行動し、故宮博物館併設のカフェで一人のんびり楽しんだ思い出も捨てがたいけれど、訪れた場所で一番好きだなあと感じたのは龍山寺。
もともと龍山寺は、一緒に行った友人の希望で行くことになった。私自身はそれほどお寺に興味がなかったのだけれど、行ってみたらとても素敵な場所だった。

繁華街の真ん中、いかにも観光地と行った人の賑わう場所。
境内の一角に腰掛けて、場所の様子や、訪れる人の挙動をじーっと観察してみる。
本殿前の広い場所には、色とりどりの鮮やかなお花が供えられている。おいしそうなお菓子もちらほら見える。日本のお寺の、菊とかあやめみたいな落ち着いた色合いとは違う、ビビッドな色遣い。
観光で訪れる人達で混雑する中、地べたに座って、ひたすらお経を唱えている人もいる。きっと何時間もそうしているんだろうなと思ってしまうほど、周囲に気を散らす様子もない。

e0048530_13504312.jpg


前殿では、おみくじに挑戦する人達もいる。
おみくじは日本のものとはだいぶ違っていて、赤い半月形の木を2つ投げて、見事「裏」「表」の組み合わせにならないと、結果を聞くことができないのだそう。
裏表というところが、仏教の陰陽らしくていいなと思った。
「神杯」というそれは、「私の願いは叶いますか?」と神様に伺いを立てるもの。
3回まで投げることができて、一度も裏表の組み合わせにならなければ、それは「まだ答えを聞く時期ではない」という意味なのだそうだ。
もしかしたら、一度も裏表にならず、結果が聞けないで終わるのが一番幸せなんじゃないかなと思った。
「まだ結果を聞く時期じゃない」と神様が教えてくれる。それは、まだ可能性があるってことだものね。

参拝は、7本の長いお香を買うところからスタート。
横浜中華街でもそうだけれど、中国や台湾のお香は、花火みたいに長い。
本殿と後殿にある7つの香炉を巡って、一本一本香を立てていく。
観音炉から始まり、天公炉へ。
3番目は後殿へまわって、一番右の文昌炉。文昌帝君は学問の神様だそうです。これからも勉強がんばります、と心の中で呟く。
水仙尊王の水仙炉、媽祖娘娘の媽祖炉へ香を立てる。
そして、この辺りから、次はいったいどの神様へ行けばよいか見失い…よくわからないまま、結局、左のほうの神様の香炉へ参拝。私は何の神様へ祈ったのだろう…。

というような参拝の作法も、やってみたらなかなか趣深く、香を1つ立てる度に、気持ちが穏やかになっていくのがわかった。
手間がかかる方法というだけあって、喧噪を忘れて、自然と真摯な気持ちになった。

訪れる人の数だけ願いがあって、祈りがある。その風景がこのお寺にはある。
裕福な暮らしをしているわけでもなさそうな、いかにも庶民的な身なりの人が、長い時間、信心深く祈りを捧げたり。
この後、買い物にでも行きそうなおばさんが、お香を立てて、ゆっくり深々と礼をしたり。
日常の中に、祈りがある風景。

それが、自分と大してかわらない、庶民風な人達であることに、なんだかとても愛しい気持ちになる。
龍山寺。お気に入りのお寺です。
[PR]
by norlie | 2011-07-17 13:52 | 台湾旅