カテゴリ:ぷらっと秋田( 5 )
 
西湖畔でお茶を@十和田湖
e0048530_20375108.jpg
蔦沼散策の後、田代平でお蕎麦を食べて、十和田湖へ向かった。
いつもとは逆回りのルートで十和田湖を半周し、御鼻部山の外輪山を通って西湖畔へ。

西湖畔は十和田湖で一番好きな場所。
秋田側のこの地域は公園が整備されていたり、雰囲気の良いホテルが多かったりで、散歩するのがとても気持ちいい。
ここ最近、十和田湖を訪れても西湖畔までは来ていなかったので、ここまで足を延ばすのはとても久しぶり。
何度来てもやっぱりここが好きだと実感する。

湖畔の公園は、赤、黄、緑と三色の紅葉がとても美しかった。
鮮やかな色が青空に映え、思わず気持ちが上向く。
公園には冬を知らせる小さな虫『雪虫』がふわふわとたくさん飛んでいた。
害はないがあんまり多いとうっとうしい。でもまあ、それも自然の一部なのだろうから、気にせず湖畔まで歩いた。
e0048530_20590521.jpg
桟橋に腰掛けると、湖が底まで見える。
より深い場所を覗き込むと自分の身長より深そうな水底に、小魚の群れが通り過ぎていくのが見えた。
開けた湖を柔らかな風が滑り、小波が静かに寄せてくる。
それを眺めていると、自分が東京から来たことも、いつの間にか歳をとったことも忘れて、ぼんやりしてくる。
砂時計がさらさらと落ちるように、自分の中がゆっくりと満たされていくのを感じる。湖の時間が染み込んでくる。
(この大好きな時間はinstagramに載せています)

そうして、すっかり染み込んだところで、そろそろお茶が飲みたいなあと思ってきた。
日差しはぽかぽかするけれども、湖の傍は肌寒い。こんなときは温かいお茶が飲みたい。
e0048530_21324492.jpg
西湖畔には十和田プリンスホテルがある。
そのラウンジのカフェはとても静かで景色がよく、心地よい椅子とホスピタリティで絶好のお茶の時間を楽しめる。
窓一面に湖畔の芝生と湖が見える席で、紅茶とアップルパイのセットを頂いた。
紅茶もポット一杯にたっぷり入っていて、アップルパイもずっしり重みがあり、それでいて控えめな甘さで美味しい。
温かなカップが手の中にある。目前には湖。その一杯のなんと幸せなこと。

ラウンジの片隅には本棚があり、文庫が入っていた。
このラウンジで文庫一冊読み終えるまで過ごしてもいいよと言われているようで、本当にいいホテルだなあと思うことしきり。
もちろんそういう時間は宿泊してこそなので、きっと来年こそ、一夏をここでのんびり過ごしたいなあと思う。
今日のところは散策の合間のひと休みだけ。それでも十分にリラックスした。

[PR]
by norlie | 2015-11-01 20:36 | ぷらっと秋田 | Comments(4)
 
鉱山と湖の町@秋田・小坂町
e0048530_0155335.jpg

十和田湖を挟んで青森県と隣接する小坂町は、小さいながらも豊かな町。
金や銀の採掘で栄えた明治時代には多数の近代洋風建築が建てられた歴史を持ち、現在もそれらの近代建築や名所・七滝、十和田湖西湖畔の美しい景観など、様々な魅力を持つ観光地である。
この6月には旧小坂鉄道の資産を利用した小坂鉄道レールパークがオープンしたとのこと。

そんな小坂町の洋風建築の中でも最も大規模なものが小坂鉱山事務所。
学校のような大きさの瀟洒な建物で、鉱山の3K(きつい、汚い、危険)のイメージとは大分かけ離れた華やかなルネサンス様式建築である。

e0048530_016642.jpg

私が訪れた5月の小坂町は桜が満開で、GW期間中、6月オープンの小坂鉄道レールパークから、"レールバイク"という乗り物に乗れるイベントをやっていた。

鉱山事務所の隣には小坂マリア園天使館という建物もあり、こちらもまた清楚で可愛らしい1階建ての西洋建築。
小さなホールを備えており、今も使われている様子だった。

とにもかくにもこの小坂町は、私の好きな場所をたくさん有している町。
もともと十和田湖西湖畔には私の好きな桟橋や遊歩道、加えて、好きなホテルが揃っており、十和田ホテルや十和田プリンスホテルなど、十和田湖では是非ここに泊まりたい!というホテルは、なぜか皆、秋田側の小坂町にある。
そして、十和田湖から小坂町中心部へ向かう途中にある七滝や、小坂鉱山事務所、そして今回好きになった康楽館など、小さな町にこんなに魅力ある場所が溢れているというのは、結構すごいことだと思う。

e0048530_0162381.jpg

帰りは、十和田湖を通って青森へ戻る。
途中、湖畔に寄って夕日を眺めてぼんやりした。
煌めく湖面、静かな湖。
十和田湖に来ると、いつも心が落ち着く。都会の澱が落ちていくよう。

名残惜しい十和田湖を離れ、新芽が芽吹く奥入瀬を抜け、田園風景続く十和田では八甲田へ落ちる夕日を見ることができた。
稜線に落ちて溶け始めた夕日は、蝋が溶けるようにあっという間に沈んでいく。
ひとしきり夕日を眺めた後は、地元の人がたくさん来る温泉に入って、疲れを癒して家に帰った。

e0048530_0164155.jpg

田舎には、都会にはないたくさんの良さがある。
煌めく湖面も、真っ赤な夕日も、広い空も、都会にはない。
温泉に浸かりながら、地元の世間話や隣の畑の話に花を咲かせるおばさん達の南部弁を聞くのだって、私には十分に別世界。
だから私は、横浜と青森を今日も行き来するのだと思う。
[PR]
by norlie | 2014-06-07 15:13 | ぷらっと秋田 | Comments(4)
 
康楽館と劇団岬一家@秋田・小坂町
田子から十和田湖へ向かい、そのまま秋田へ抜けると小坂町へ着く。
秋田県北東部に位置し、青森とともに十和田湖の半分を擁する小坂町は小さいながらもたくさんの名所を持つ町。
その中でもこの町きっての名所、それは芝居小屋・康楽館。

e0048530_23283155.jpg

町の一角、カラフルな幟が賑やかに立ち並ぶ通りが康楽館の通り。
小坂鉱山事務所の隣に、明治から続く洋風建築の芝居小屋がある。
ここでは、雪深くなる冬を除く春から秋にかけて、常打ち芝居が行われており、1日1〜2回の公演を観劇することができる。

e0048530_23284744.jpg

実は数年前に小坂町を訪れた際、体調の悪さがピークに達して、康楽館まで見ずに帰宅の途についた。
しかも、体調の悪さで、見学した小坂鉱山事務所の写真もほとんど撮れず、是非また小坂町へ来たいと思っていたのが、この5月に叶うこととなった。
喜ばしい限り。

康楽館の芝居は、全国各地で活躍する大衆演劇劇団『下町かぶき組』が行っており、私が訪れた5月はこの劇団に所属する劇団岬一家が公演を行っていた。

正直、私はミュージカルは好きなのだけれど、歌舞伎や能など日本の伝統芸能には苦手意識がある。
中学の時、能を観に行ったことがあるのだが、ほぼ爆睡した。歌舞伎も音楽や話し方がゆったりしていて、猛烈な睡魔に教われる印象がある。
今回観劇したのも、どちらかというと康楽館そのものを見たい気持ちのほうが大きく、あとは「せっかく来たのだから」という気持ちからだった。

ところが、いざ観劇してみると、それは眠くなるどころか、ずっと笑顔でいられるくらいに笑いあり涙ありで、本当に面白い芝居だった。

e0048530_2329575.jpg

康楽館の公演は2部構成で、1部が人情芝居、2部が舞踏ショーとなっている。
幕間に観客参加型のちょっとしたコーナーが設けられていて、役者さん達を身近に感じられたのもとても良かった。

私が気に入ったのは1部の人情芝居。
1部は撮影禁止なので写真はないが(上は2部)、その面白さと魅力はしっかりと心に残った。
この日の人情芝居は義理人情に厚い、江戸っ子魚屋の『一心太助』。
大衆演劇とあるだけあって、会話のテンポがよく、江戸っ子の快活さがとても伝わった。
主演の岬寛太さんが一心太助と徳川家光をひとり二役で交互に演じられるのだが、衣装替えが大変なので、息を切らしてみたり、「ちょっと暑いな〜」と言ってみたり、お腹を抱えて笑えるシーンがたくさんあって、終始場内は笑いでいっぱい。
私のような歌舞伎をよく知らない人にも馴染みやすく、共感しやすい会話に、すっかり魅了されてしまった。

e0048530_23291969.jpg

2部は舞踏ショー。
1部で出てきた俳優さんにさらに人数が加わり、女形の踊りや舞などのショーを観劇できる。
伝統を受け継ぎながらも、少し現代風にアレンジされていて、馴染みやすい。

私が気に入ったのは、1部の『一心太助』で、一心太助の女房を演じていた成田美ゆりさん。
とても美しい方で、綺麗な声をされていて、劇中では快活でしっかり者の女房役を演じられていたのだけれど、それがまた全然嫌味がなくて、艶っぽいけれど可愛らしくて、とてもチャーミングだった。
舞踏ショーでも、この成田美ゆりさんと松本美和さんという女優さんの踊りがとても優美で、いいなあとうっとり。

公演後は、康楽館の出口で、俳優さん達がずらりと並んで観客を見送ってくれた。
岬寛太さんは握手もしてくださって、私はなぜだか暴れん坊将軍の徳川吉宗公あたりに握手されているような、ちょっと恐れ多くも嬉しい気分。
成田美ゆりさんもいらっしゃって、間近で拝見するとますます美しい方だったのだけれど、シャイなので握手してもらいにいけず・・・。

劇団岬一家の舞台の面白さ、馴染みやすい会話とユーモア、それに俳優さんや舞台との距離が近い親しみやすさも合わせて、とても好きになった。
全国各地で公演されているとのことで、また機会があったら是非観に行きたいと思います。
[PR]
by norlie | 2014-05-31 14:28 | ぷらっと秋田 | Comments(4)
 
原始の峡谷@秋田・小又峡
秋田県北部に"小又峡"という場所があると知ったのは今年9月の終わり。
身近だと思っていた秋田県だけど、まだまだ知らない場所があるらしい。
行ってみたいと思っていたら、10月末、意外とすぐに訪れることができた。

秋田県北秋田市。八幡平の西側の山岳地帯にある太平湖。
この湖に流れ込む上流の川の一つ、ノロ川一帯の渓谷を「小又峡」と言う。

実家のある青森から車で向かったため、東北自動車道鹿角八幡平ICで降りる。八幡平には向かわず、県道309号線を西へ。
"くまげらエコーライン"の愛称で呼ばれる309号線は、その名の通りの山道。カーブとアップダウンが続く峠道を走らせると、やがて色付いた山間に湖が見えてくる。
時々見えるその姿を楽しみながら、もう少し進むと太平湖グリーンハウスに到着。

湖をかなり高い位置から見下ろす場所にある太平湖グリーンハウス。
そこで遊覧船の切符を買って桟橋へ降りる。1時間に1回出港する遊覧船に乗って、太平湖へ。
目指す小又峡はこの湖の向こう。つまり、小又峡を散策するには原則この遊覧船で湖を渡る必要がある。

e0048530_345117.jpg


太平湖は約60年前に森吉ダムの貯水池として作られた人造湖。
山間のダム湖のほとんどがそうであるように、自然湖の穏やかな円形とは違って、山々の深い谷間がそのまま湖を成したような複雑な地形をしている。

10月は太平湖の紅葉シーズン。今年一番最初に目にする紅葉となった。
私が訪れたこのとき、太平湖の紅葉は終わりかけの時期。木々の大半が色付き、朽葉色へ変わる直前の、燃えるような赤が印象的だった。
紅葉、黄葉、褐葉の中に、時折わずかに緑の木々が混じる。色彩豊かな秋色のカラーパレット。

e0048530_3454142.jpg


風のないこの日、湖面が鏡のように秋の響宴を映し出していた。
ノロ川独特の赤銅色の水色もあり、鏡像の色が本当に色鮮やかで、ため息が出る美しさ。

北東北の山岳地帯に位置するだけあって、太平湖周辺の道路は冬期通行止めになる。
鈍色の冬がやってくる前に、山々が一斉に終楽章の盛り上がりを歌い上げているみたい。
人里離れた山奥の四季は、ある種の交響曲に似ていると思う。いや、交響曲のほうが自然界の四季に似ていると言うべきなのかもしれない。
ストリングスの小さな音から、希望に満ちて始まる春の予感。
木々が芽吹いて花々が咲く最初の主題の後、夏の冒険が始まり、主題が様々に展開する。
やがて秋がやってきて、それまでの成果が実り、成熟したフィナーレをオケ全体で壮麗に歌い上げる。
ここで終わる場合もあるけれど、最後にまた、始まりと同じ主題に帰結し、静かな音のない冬へ足を踏み入れて終わるものもある。
ちょうど、最近聴いているリムスキー・コルサホフの『シェヘラザード』は、私の中でこんなイメージだと思う。
巡る四季とクラシック。千夜一夜の物語。私の頭も芸術の秋モード。

30分くらいで、湖を挟んで反対側に位置する別の桟橋に到着。ここからが小又峡のスタート。

More
[PR]
by norlie | 2011-11-06 00:10 | ぷらっと秋田 | Comments(10)
 
思い出の潟分校@秋田
二年以上前に、北東北の観光情報誌"rakra"で見かけてから、ずっと行きたいと思っていた学校がある。
秋田県仙北市、田沢湖の南湖畔にある『思い出の潟分校』。
この春、ちょうど自分の誕生日に、訪れることができた。

明治15年(1882年)6月1日に生母内小学校の分校として創立された、潟分校。
昭和49年(1974年)3月31日に廃校になったのだそうだ。
その後、解体されることなく残り続けた校舎が、2004年に地元の人々の手で修復され、一般公開された。
私が生まれるよりもずっと前に、廃校になった学校。そこへ足を踏み入れられるなんて。

盛岡から46号線を通って、田沢湖へ。
湖畔をドライブしていると、見逃してしまうような小さな立て看板に、「思い出の潟分校」と書いてあった。一度スルーして、たつこ茶屋まで行ってしまって、逆戻りした。
林の中に、ひっそりと佇む木造校舎が見えてくる。

その時間、訪れていたのは私達の前に一組だけ。入れ違いだったので、校舎へ入ると、私達だけになった。
スリッパに履き替え、廊下にあがる。歩く度に、木の廊下がぎーしぎーしと鳴る。学校のスリッパって、昔から上手に履けない。何度も脱げかけながら、ばたばた、ぎしぎし音をさせながら、中へ入る。

廊下と教室の間に、壁がない。
正確には壁はあるのだけれど、大きな木窓がついていて、中が丸見えになっている。
この作りこそ、昔の学校の象徴だと、ずっと思っていた。
映画に出てくる昔の学校と、自分の学校を比べて、この雰囲気の違いのもとは何だろうと思ったとき、それが私が感じた一番大きな違いだった。そしてそれが、私が思う、昔の学校の美点だった。

外からも廊下からも教室の中が一目瞭然。教室の中からも、外の世界が見渡せる。
閉鎖的じゃない、オープンな空間。
閉じ込めることをしない、校舎の作り。
先生だけではなく、学校全体で、村全体で、社会全体で、子供達を見守っていた時代。
叱られて、廊下に立たされたって、教室の中と外が繋がっている、見渡せる。
午前中の暖かな日差しも、真っ赤な夕焼け空も、どちらも見える。
西も東も、吹き抜けているから。

e0048530_1321753.jpg


受付の人が誰もいなかったので、とりあえず、教室へ入ってみる。
目に飛び込んできたのは、整然と並ぶ木の机、木の椅子。
濃い茶色の天井。
緑の黒板。
それに、木枠の窓。その向こうに見える、広場と林の景色。
そこは、映画やアニメでしか見たことのない風景だった。
私の通っていた学校とは全く違う、まるで物語の中に出てくるようなセピア色の風景。
ちょうど「となりのトトロ」でサツキちゃんが通っていた学校みたいな感じ。

e0048530_1352535.jpg


机の上に、ポットが置いてあって、「お越し下さってありがとうございます。お茶をご自由にお飲みください」と書いてあった。
母と二人で、席について、お茶をいただく。
私は興味津々で、古めかしい木造校舎をきょろきょろ見回していたけれど、母は木の椅子に座る姿が妙にしっくりきていた。しみじみ、嬉しそうにお茶を飲んでいた。
母の通っていた学校もこんな感じだったのかな?
私にとっては物語の中の風景だけれど、母にとっては、懐かしい思い出の風景なのだろうか?
そういえば、母にも学生時代があったのだ。私は「母」である母しかしらないから、考えもしないけれど、母にも学生時代や子供時代があって、その記憶には私が見たこともないような風景が潜んでいることだろう。
母の頭の中に入って、その記憶の風景を見られたら、とても楽しそうだなあと思った。

教室から出ると、受付の人がいらっしゃったようで、父はその人とおしゃべりしていた。
小学校の先生にいそうな感じの、朗らかで明るい声のお姉さんだった。話を聞くのは父に任せて、私は一人で校内を探検することにした。

まずは体育館へ。それは、私が通っていた小学校の体育館の4分の1くらいのサイズ。
ステージの右側に、黒いアップライトピアノが置いてあった。触ってはだめとは特に書いていなかったし、私以外誰もいなかったので、少しだけ弾かせてもらうことにした。
学生時代の定番"エリーゼのために"や、クーラウのソナチネ、きらきら星変奏曲。
普段電子ピアノでしか弾かないから、少し音が抜けがちだったけれど、体育館の音響が心地いい。

その後は、校舎の二階を探検して、再び一階へ。
一番奥は、職員室。教員用の机は3つ。その1つに座ってみる。
母が来たので、採点する先生のふりをして笑い合った。こういう学校の先生になれたら、素敵だなあと思った。

会社の後輩に、兵庫県の田舎の分校育ちの男の子がいる。
見た目は普通だけれど、朗らかで素直で実直だ。こういうところで、まっすぐに育ったのかなと思った。

e0048530_13431849.jpg


教室の後ろには、昔の学用品が並んでいた。
セピア色のノート。傷だらけの、つぶれたランドセル。乾いた絵の具が残るパレット。
長い歴史と、今は大人になった子供達の思い出が、この学校にはたくさん詰まっている。

誰もいない古い校舎に自分たちだけ。
それはタイムスリップのようで、思い出探しのようで、物語の世界のよう。
だけど一番感じたのは、誰もいない学校に忍び込むわくわく感。
部活の後、夏休みの誰もいない校舎を探検するような、子供心をくすぐる時間を過ごした後は、受付のお姉さんにご挨拶をして学校を出る。
静けさに包まれながら、一冊の本を読み終えたような清涼な気持ちで帰途についた。
[PR]
by norlie | 2011-08-07 13:53 | ぷらっと秋田 | Comments(18)