タグ:花 ( 3 ) タグの人気記事
 
秋の味覚は菊の花
e0048530_17441923.jpg
地域色もあるのだろうが、私の地元では菊を食べる。
食べるのは葉ではなく、菊の花弁。
秋の味覚として知られており、学校給食でも普通に菊のお味噌汁が出た。他にもおひたしにしたり、煮物に加えたりする。
あまり疑問に思ったことがなかったのだけれど、「じゃあ、バラの花弁を食べよ」と言われると、ちょっと「えっ」と思う。
でも「菊の花弁を食べよ」と言われるとしっくり来るので、なんだか不思議な心持ちである。

菊の花を食べるのは青森だけではなく、東北地方や北陸地方ではそういう地域も多いと聞く。
それ以外の地域の人がどうなのかは私はよく知らないけれど、きっと食べる場所も中にはあるんじゃないだろうか。(たぶん)
"エディブルフラワー"(食用花)なんてものが最近聞かれるようになって、様々な種類のお花が食べられるみたいだけれども、私が抵抗なく食べられるのはやっぱり昔から馴染んでいる菊だと思う。

e0048530_17503877.jpg
上京してきて、スーパーで菊の花を売っているのをあまり見たことがなかったので、こちらでは売られていないのだろうと思っていた。
そうしたら、なんと先日、近所のスーパーに秋田産の食用菊が売られているではないか。
黄色い菊の花は"阿房宮"という品種で、青森でも最も良く売られているタイプの食用菊だ。

1パックに30個くらいだろうか。結構な量の菊の花が入っていた。
地元で売られているのより量が多い気がした。
早速買って帰り、台所で花弁を無心に毟る。
花弁を毟るって、普通なら罪悪感を伴う行為である。なかなかするものじゃない。
花は飾るものであって、花弁を毟るなんて普段ならとんでもない話だけれども、この食用菊の場合は、毟らないと食べられない。
こんな大量の菊の花弁を毟り取るなんて、なかなかできる経験ではないので、若干快い。
e0048530_17561751.jpg
3分の1はお味噌汁にして、残りはなめことほうれんそうと和えて食べることにした。
鰹節も入れて、和風の味付け。花弁は少しシャキシャキ感が残っていて、でも味を邪魔しない。

実は私はあまり菊のお料理が好きではなく、お味噌汁は食べるけれども、菊のおひたしは苦手なほう。
菊のおひたしって、ちょっと苦いので苦手なのだ。
でも、なめことほうれんそうと鰹節で炒めたこのお料理は、苦さがなくて美味しかった。

もともとそんなに好きな訳ではないのだけれど、地元でしか食べられないと思っていた食材がこちらで売られているのはやっぱり嬉しい。
ついつい手を伸ばして料理してしまう。今回もそんな感じ。
きれいで可愛い菊の花が台所にたくさん置かれていると、なんだか心までもが明るい気持ちになる。
食用菊を売ってくれていた近所のスーパーに感謝です。

[PR]
by norlie | 2015-11-14 17:42 | Lifestyle
 
紫陽花と海街diary
前回から約3ヶ月ぶりの更新になってしまいました。
仕事がとても忙しく、終電帰りの生活に休日出勤や徹夜も何度かあり、毎日とてもくたくたでした。
平日は会社と家の往復、土曜は夕方まで寝て、日曜にたまった炊事洗濯を・・・と言った感じで過ごしていたら、あっという間に3ヶ月。
秋まではこの忙しさが続きそうなのですが、こんな心身共に疲れ果てた生活はいかん!と思い立ち、先週は鎌倉へ行ってきました。
e0048530_14251125.jpg
この時期、鎌倉と言えばやっぱり紫陽花。鎌倉が最も混雑する季節。
土曜日だったので、大混雑必至の明月院や長谷寺は避け、二階堂方面へ行くことにしました。
鎌倉宮から瑞泉寺へ向かう途中に、色とりどりの紫陽花が綺麗に咲く場所があり、久しぶりにそちらへ足を延ばしてみることに。
自然豊かな瑞泉寺の山の中でのんびりしてこようというのがもう一つの目的。
鎌倉宮から瑞泉寺にかけては人が少なく、時々通る車に気をつけながら、一つ一つの場所でゆったりと鑑賞できました。

e0048530_14553486.jpg
瑞泉寺は、鬱蒼と茂る山奥に建つお寺。
寺のある一帯は紅葉ヶ谷という場所にあります。
山々に囲まれた鎌倉では、山筋が複雑に入り組み、山の麓に細長い谷のような土地が多く、こういった場所を"谷(やつ)"と呼ぶそうです。(ブラタモリでやってた)
比企谷、扇ヶ谷など、鎌倉には"谷"とつく地名が多いのですが、この瑞泉寺一体もこれまで知らずに「もみじがだに」と読んでいました。
正しい読み方は「もみじがやつ」だそうです。

まるでジャングルのようにシダが生い茂る山の中、苔むした階段を登っていくと名刹・瑞泉寺に到着。
境内はとても自然豊か。手入れされた庭と、手の入らない山の自然が隣り合って、風光明媚な景観にとても癒されました。
庭の片隅に、すっと茎を伸ばした桔梗が咲いていて、これまたとても優美。
桔梗には、なんというかとても日本的な美しさがあって好きです。控えめで芯の通ったしなやかさというか。
青紫色の花は涼やかで、夏が来ると和の涼感を与えてくれます。

瑞泉寺ではうぐいすを始め様々な鳥の鳴き声が聞こえてきて、とても心地よかったです。

山奥まで来た甲斐があると言うもの。

e0048530_15322723.jpg
紫陽花って良く見ると、同じ西洋品種でも随分違う。色合いはもちろん、花弁の形、花の大きさ、本当に様々。
手鞠のような紫陽花が道往く人に向かって、目一杯花を咲かせている姿は、梅雨の鬱陶しさを払ってぱっと明るい気持ちにさせてくれます。
紫陽花を見ると、雨が好きではない私もなぜだか「梅雨も悪くない」という気持ちにさせられます。
これでしっとり濡れた葉の上を、カタツムリが歩いていたりすると最高なのですが・・・最近カタツムリがいません。カタツムリはいずこ?

e0048530_15570221.jpg
金沢街道を鎌倉駅へ戻る途中で、道を逸れて必ず寄る場所があります。それが妙本寺。
こちらも比企ヶ谷(ひきがやつ)という、山に囲まれた場所にあります。
妙本寺は本当に静かで、本堂の隣の木々を揺らすリスの音が随分目立つくらいでした。
気の通ったとても良いお寺。ここでのんびりするのが本当に好きです。

こちらは拝観料がなく、
志納のお寺なので、二天門と本堂にそれぞれお賽銭を納めます。
境内はいつも本当に綺麗に保たれていて、手入れをしてくださっているお寺の方へ、感謝の気持ちが自然に沸いてきます。
これからもよろしくお願いしますという気持ちでお納めしました。

e0048530_15572741.jpg
妙本寺ではヤマアジサイが見頃でした。
ヤマアジサイという品種を私は最近まで知らなくて、目にしてもそれが紫陽花だとは気づかないくらいでした。
子供の頃から「ほら、アジサイだよ」と教えられてきたものは実は西洋品種で、日本古来のアジサイはヤマアジサイやガクアジサイのほうなのだそうです。
中央の小花を取り囲むように装飾花が咲く姿は、清楚で優美。
西洋アジサイのような華やかさはなくても、桔梗と同じように日本らしい雅な美しさがあり、鎌倉の景色によく合うなあと思います。

e0048530_15580462.jpg
鎌倉の名刹と紫陽花をたっぷり満喫した後は、鎌倉を舞台にした映画『海街diary』を鑑賞。
原作は漫画で、友人が面白いと言っていたので、公開されたら観たいなあと思っていた映画です。
事前に原作を読んでから観たのですが、原作も映画とても良かった。

映画のストーリーは少し駆け足で進んでいくのですが、四姉妹が鎌倉で暮らす日々が丁寧に描かれていて、全編ゆったりとした雰囲気。
ラストは「あ、ここで終わるのか」と拍子抜けしたりしたけれども、『海街diary』という作品の性質を考えると、それも自然に思えました。
"diary"というタイトルが示すように、これは四姉妹の日常の物語。
起承転結として物語が終わるのではなく、人生のようにずっと続いていく物語です。
出会いや別れ、学生生活や社会人生活、そして家族の毎日、その中で紡がれていく小さな出来事、四季折々の風景。
三姉妹にもう一人の妹。何か大きな出来事があって、ぱっと家族になるんじゃなく、日々過ごしていく中で少しずつ家族になっていく。
とても心が癒される、良い映画でした。

[PR]
by norlie | 2015-06-21 18:56 | ぷらっと鎌倉・湘南
 
牡丹と小鳥
2月の終わり、鶴岡八幡宮にある神苑牡丹園で冬牡丹が見頃だというので立ち寄ることにした。
牡丹園があることは知っていたが、まだ一度も入ったことがなく、庭園がどんな形なのか、どのくらいの規模なのか、よく知らない。
とりあえず、いつも座る源氏池の畔のベンチの傍に入り口があって、そこでチケットを買って入ることに。
e0048530_19130316.jpg
足を踏み入れてみると、寒空の下、華やかな色合いの牡丹が大きく花開いていた。
冬牡丹の見頃は1〜2月。終わりかけの時期だったが、十分綺麗で見応えがある。
牡丹には、春牡丹、冬牡丹、寒牡丹という3つの品種があるのだそう。
一般的には春に咲く春牡丹が最も有名で、他に、冬に咲くよう改良した冬牡丹と、二季咲きの寒牡丹がある。
冬牡丹と寒牡丹はよく混同されることが多いらしいが、実際は全く別の品種なのだとか。
この牡丹園の品種がどちらかはよくわからなかったが、寒い時期にもこんなふうに華やかな牡丹を見られるなんて、とても贅沢だなあと思った。
e0048530_19345812.jpg
この神苑牡丹園は、鶴岡八幡宮の源氏池の外周半分を取り囲むように作られた日本式庭園。
普段は反対側の畔のベンチに腰掛けて見渡していた景色を、違った角度から眺められるのもとても印象的だった。
頭の上から、聞き慣れない鳥の声がして、よく目を凝らしてみたら、ヒヨドリが何羽か止まっていた。
数羽いるあたり、この木が彼らの今の寝床なのかもしれない。
灰褐色の身体に、ちょっとふわふわっとした頭、くりくりした目。
花の蜜が大好きなこの鳥たちも、梅が咲き、やがて来る春の気配を感じて、きっと喜んでいるんだろうなあと思った。
e0048530_19392171.jpg
源氏池の木製の渡し通路に、ハクセキレイが1羽遊んでいた。
珍しくも何ともないけれども、私はこの子達がとても好き。
黒い頭に白い顔。小さな身体でちょんちょんと歩き、歩く度に尾羽を上下にふりふり。
英語ではセキレイを総称して"Wagtail"と言う。その名の通り、尻尾(tail)を振る(wag)小鳥。
1羽でいることが多く、都会でも田舎でも、人々の生活に気ままに馴染んでいる感じがとてもいいなと思う。

以前、ある冬の日、地元の田んぼの真ん中にある精米所に精米しにいった時、ガラス戸の外に1羽の小鳥が近寄ってきたことがある。
どうやらガラスごしの室内にある零れた米がほしいらしい。
床に落ちた米をかきあつめて、ガラス戸を開けて投げてあげると、ちょんちょん近寄ってきた。
さすがに警戒心が強く、手からは食べてくれなかったけれども、最終的には投げなくてもいいくらい目の前にきて米を食べるので、寒さも忘れてしばらくその子のために床に落ちた米集めに勤しんだ。

気の済むまでそうやって過ごして、車に戻ったら、外の車からそれを見ていたらしい父が「随分長いこと、セキレイと遊んでたなあ」と言った。
それで、ああこの鳥はセキレイっていうのか、と初めて知った。
それ以来、またセキレイと遊びたいなあと、その精米所を見るとちょっとむずむずする。

e0048530_20064280.jpg
帰り道、小町通りを歩いて帰る。
腸詰屋のバジルウィンナーを食べて、いつものコロッケを食べて、食べ歩きを楽しみながら、軒先を彩る春の気配をそこはかとなく感じた。
店先に飾られた花、帆布屋さんの雑貨の色柄、3色の達磨。
春になったら、ぽかぽかした日差しの下、またここを歩けるようになる。
ああ、春が楽しみだなあ。
次の春は鎌倉のどこを歩こうかとわくわくしながら、駅へ向かった。

[PR]
by norlie | 2015-03-21 20:17 | ぷらっと鎌倉・湘南