まちねずみジョニーのおはなし
八戸から泊まりに来てくれた友人を見送った帰り道。
電車に揺られながら、ぼんやり思い出したのは「まちねずみジョニーのおはなし」。
ビアトリクス・ポターの"ピーターラビットの絵本"シリーズの第9巻です。

e0048530_2135424.jpg
暮らしていた野菜畑から、ふとしたきっかけで都会の街中へ連れ出されてしまった、田舎ねずみのチミー。
チミーが出会うのは、都会育ちで、礼儀正しく、品のいいジョニー。
ジョニーは、チミーを楽しませようと、一生懸命"おもてなし"をするのだけれど、最終的にチミーは田舎暮らしが恋しくなって、田舎へ戻っていく。
そして今度は、ジョニーがチミーを訪ねて田舎へ来るのだけれど、こちらもまた、チミーの精一杯の"おもてなし"にもかかわらず、ジョニーは都会へ戻っていく。

子供のころ、この本を読んで、チミーとジョニーが一緒にいられない結末に、きゅっと寂しさを覚えた。
せっかく出会えたのに、各々元の場所へ戻っていく結末が、なんだか残念だった。


でも、「今は、ちょっと違うかも」と思ったのは電車でのこと。
今は、チミーの選択も、ジョニーの選択も、とても素晴らしくて、聡明で、素直な選択なんだって思う。
ある人は田舎を愛し、ある人は都会を愛す。
その選択を、お互いに尊重する。
それって、とっても素敵な選択。とても真摯な思い遣り。

"あるひとは あるばしょがすきで
またべつなひとは べつなばしょがすきです。"

田舎と都会。日本と外国。東京と横浜。スケールは違えど、当てはまる。
物語の一環だと思っていた最後のページの一文に込められた、ポターの思いを、やっと理解できるようになったんだと、故郷から来てくれた友人を見送りながら、はたと気づいたのでした。

…それにしても、泊まり客が帰った後の夕食って、心細い。
[PR]
by norlie | 2009-10-12 21:04 | Diary
<< 青森県立美術館@青森 ひと足早い秋の音を@青森・八甲田 >>