青森県立美術館@青森
大好きな奈良美智さんの作品が常設されていると聞いて、ずっと行ってみたいと思っていた青森県立美術館。
シルバーウィークの帰省で、父と母が連れて行ってくれた。

常設展に入ると、最初のホールは、マルク・シャガール。
バレエ舞台「アレコ」の背景画とのことだったけれど、ものすごい迫力。
大きさと、鮮やかさと、その配置に圧倒された。
3枚の絵の中心に椅子が置いてあり、座って観ることができるようになっているのだけれど、あの中心の静けさと厳かさは、ちょっと言葉にできない。

e0048530_1342325.jpg
次のフロアには、一番楽しみにしていた、奈良美智さんの作品群。
一番有名な、"あおもり犬"は、屋外にひっそりと佇む姿と、落ち着いた表情がとっても愛らしい。
目を閉じているのは、眠っているのかな?それとも、何かに、じっくりと耳を澄ませているのかな?

横浜のトリエンナーレなど、数多くの場所で観てきた奈良美智さんの作品だけれども、本当に飽きが来ない。
たくさんのお花を敷き詰めた部屋に、3人の子供が寝っ転がっているインスタレーションがあったのだけれど、その部屋をのぞくだけで30分は過ごせてしまう。

ガーリーな愛らしさの奥に、ピリっとした鋭さが潜んだ作品の数々。
夢のような世界観にどっぷり浸りながら、立体作品の中を歩く。
奈良美智さんの作品は、何度見てもたくさんの発見があって、本当に楽しい。


他にも、青森出身のアーティストさんをはじめとした、数々の作品が展示されていたのだけれど、中でも一番心に残ったのは、やはり棟方志功さんの作品。
これまではあまり興味がなくて、棟方志功さんの作品をきちんと見たことがなかった。
けれど、今回はその生い立ちから、言葉から、そして作品まで、初めてじっくりと眺めてみる。

そうしたら、びっくりすることに、じわーっと涙が出てきた。
自分でも心底動揺した。(泣きながら作品見てたら、恥ずかしい!!)
悲しいわけじゃなく、嬉しいわけでもなく、でも胸が熱くなった。

内面にしっかりとした信仰があるんだってこと。
力強い作品の裏側に、信仰と、静かな祈りと、誰かへ宛てた思いがあるんだってこと。
ものすごい巨匠なのに、その言葉一つ一つはとても真摯で、謙虚だってこと。

使い古された言い方だけれど、"彼が版画を選んだのではなくて、版画が彼を選んだんだ"って、心から感じた。
すごいなあ。こんな人がいたんだなあ。

美術館って本当に楽しい。
作品に向き合いながら、自分自身とも向き合えるから。
[PR]
by norlie | 2009-10-18 13:57 | ぷらっと青森
<< お茶とお散歩@鎌倉・喜泉庵 まちねずみジョニーのおはなし >>