シフォン・ケーキとお菓子づくり
e0048530_23637.jpg
先日、お菓子の本を見ていたら、すごくシフォンケーキが食べたくなった。
レシピを見たら、薄力粉、ココアパウダー、卵、ベーキングパウダー…。
「あれ、これって、今うちにある材料で作れるんだ!」
ちょっとびっくりするととともに、作ってみようかなという気持ちがむくむく湧いてきた。

なんとなく、ケーキとかのお菓子類は、そのための材料をたくさん揃えて、あれこれ作業しないと作れない思い込んでいたので、今までやってみようと思ったことは一度もなかった。
でも、作り方を見ても、一生懸命メレンゲを作って、あとは混ぜ混ぜするだけのよう。
材料と、あとはケーキ型があればよいらしい。



まだ何をするにも形から入っていた数年前に、ババロアを作りたくて一通り揃えたものの、実際は一度しか作らなかったケーキの型たちがあるのを思い出し、戸棚を漁ってみた。
その中に、ちょうどシフォンケーキの型らしきものがあるのを見つけ、挑戦してみることにした。

卵白とグラニュー糖を一生懸命ぐるぐる混ぜて、メレンゲを作る。
別に混ぜておいた卵黄と薄力粉、その他諸々をそこへ加えて、ぐるぐる回して、できあがり。
後は、型に流して、オーブンで焼くだけとのこと。
大体はそんな手順で、本を読みながら作ってみる。
e0048530_23183970.jpg

…そうして、焼きあがったシフォンケーキ!
なかなか、そこまで変なものに仕上がっている様子もなく、何とか普通のシフォンケーキのように見えた。
食べてみると、ちゃんと美味しくて、少しほっとした。

紅茶も淹れて、一切れ、二切れ…と食べたところで、ふと気付いた。
シフォンケーキって、すごく大きい。私一人じゃ食べきれない!
近くに住んでいる弟も突然来るのは無理だろうし、いつもお世話になっている近所の友達のご家族にあげるにしても、なんかちょっと不格好。
だからと言って、お隣さんに突然配るのも、なんだかすごく怪しいし…。
色々考えた末に、会社で一緒に働くチームの皆にあげてみることにした。

果たして、翌日、サランラップに包まれた、ちょっと不格好なシフォンケーキを一切れずつ配った。
こんなことしたこともないので、すごく気恥ずかしい気持ちでいっぱいで、"ああやっぱり、こんなの私の柄じゃないと思われているんだろうか"と心の中で思いながら配ったのだけれど。
「あ、おいしい~」
「美味しく頂きました。ありがとう」
「ちゃんと美味しいじゃないですか~!また作ってきてくださいよ」
「次はバナナケーキとか食べたいな~」
…なんだか、喜んでもらえているような反応。
それが"ような"ではなく、喜んでもらえてるんだと自覚したときには、不思議と気恥ずかしさも消えていて、少し拍子抜けしたような感じだった。
それから、「ああ、こういうのもいいな」って思うような、ちょっと幸せな気持ち。

きっと世のお菓子作りが好きな人たちは、少なからずこういう幸せな気持ちを知っているんだなあ、と思った。
"よし、また今度気が向いたら、作ってみよう"…そんな風に思えたのは、皆のおかげ。

ありがとう、は私から。
食べてくれた人に、感謝、感謝です。
[PR]
by norlie | 2010-04-25 23:19 | Diary
<< Defying Gravity お風呂と読書と海外ドラマ >>