温泉好きはヒトのみならず@北海道・函館
温泉が大好きです。
湯船に浸かって、もくもくの湯気の中、天井を見上げてふうっと一息。
日頃の疲れも、都会の檻も、全部吹っ飛ぶってもんです。

2010年の年末、このブログをお休みしていた頃に、函館へ行きました。
折りしも、クリスマス寒波の後だったので、函館は町中大雪でしたが、幸いお天気は快晴。
そのときに出会ったある光景が、今でもとても心に残っています。

大した期待もなく訪れた、函館市熱帯植物園。
宿泊した湯の川温泉郷の近くにあったので、散歩がてら行ってみたのですが、そこには冬しか見られない面白い場所がありました。
冬限定の、くすっと笑ってしまう風景―それは、猿の温泉。

雪に覆われた零下の函館で、気持ちよさそうに温泉に浸かる猿たち。
その仕草や体勢は、まさに人間そのものです。

e0048530_19545486.jpg


「うむうむ、いい湯だなあ。極楽極楽」




e0048530_19563636.jpg


「あら、お父さん、こんなところにいたんですか」
「おお、皆も来たのか」

「まあまあ、お父さん、湯船に入りすぎてお顔が真っ赤ですよ。毛がぺたーっとしてますよ」
「そうかね? 気持ちよいからね」

「お父さん、毛づくろいしてあげるよ!」
「そうか、そうか、じゃあお願いしようかな」
「ほらほら、それじゃお父さんが痛いでしょ。もっと優しくね」

白い湯気の向こうで繰り広げられるお猿一家の物語は、いつまで見ていても飽きません。

e0048530_2045473.jpg


こちらはお一人で満喫中。
「やー、ほんっと、極楽だわ。気持ちいいー」

お湯から出した腕を伸ばして一眠り。
これ、私です(笑)。

どのお猿の仕草も、「あんな人、温泉にいるいる!」と思える、実に親しみ深いもの。
温泉に浸かって、思わずのんびりしてしまうのは、ヒトもサルも同じのようです。
湯の川温泉で心も体もぽかぽかになるひととき。冬限定のおススメスポットです。
[PR]
by norlie | 2012-02-19 20:15 | ぷらっと北海道
<< 春へ向かう食卓 銀器を磨く >>