■ 空き巣事件!
 なんと先月、我が家に空き巣が入った!身近なところで空き巣事件が起こったのはこれが初めてのこと。まさかその「身近」が自分になるとは…。怖いとかショックとかそういうことよりも、とりあえず唖然。

e0048530_2352443.jpg
 写真は、空き巣にめちゃくちゃにされてしまった我が家で、無事難を逃れて生き延びていたバジルです。「バジルは見ていた!」…はずなんだけど、如何せん喋れんからなあ(笑)。でも、無事で何より何より。




 以前から「うちに泥棒に入ったって、取るものがないと思うんだよねえ」と公言していただけあって、自宅には現金なし。ブランド品なし。しかも通帳は、たまたま記帳しようと思って持ち歩いていたので、棚ぼたラッキー。でも、仮に盗まれても、中身は空っぽなんだよ(苦笑)。
 ところが、うちにも一応資産はあったらしく…なんとノートパソコン&デジカメが!部屋から忽然と消えているのに気づいたのは、警察に電話しようと、机に目を向けたときだった。
 可愛がってきたノートパソコン。2001年物のよぼよぼじいちゃんだけど、64MB→192MBに拡張したり、WinMe→WinXPにアップグレードしたり、我がじじいパソコンは必死に頑張ってきてくれた。そのパソコンとこんな形でお別れがきてしまったことがとても残念で仕方がない。マイパソコンは今頃、どこかの闇市場で売られているんだろうか。それとも「こんな老いぼれ値段もつかん」とか言われ、捨てられてしまったのだろうか。どうか、悲しい最後ではありませんように。今更ながら、マイパソへの愛着を再確認したのだった。

 その日は、夜中まで警察の方がたくさん来て、指紋を採ったり、靴跡を探したりしてくださいました。粉を振って指紋を取る鑑識捜査、ナマで見れたことに大興奮だったのだけど、散々粉を振った挙げ句に「じゃあ、これ、拭けばきれいになるんで後で拭いておいてください」と放置された瞬間は、「えっ?私が掃除するの?」とちょっと不本意に思ったり。でも、警察の方々は、本当によく対処してくれて、私も安心できました。感謝。

 この日、実は近所でもう一つのマンションが空き巣の被害にあっていたということ。また、私の住むマンションの他の部屋でも空き巣の被害があったらしい。世の中物騒であること限り無し。
 ちょっとショックな事件だったけれど、最後に支えてくれた人たちに感謝の言葉を。ご家族総出で助けてくれた咲嶋さんご一家、一晩中電話につきあってくれたしょっしょ、犯人を「むかつくー!」呼ばわりしてくれた幼なじみと、そして警察の方々、どうもありがとうございました!
[PR]
by norlie | 2005-11-06 23:54 | Diary
<< 秋心地 ■ Happy Life@横浜 >>