Happy Wedding!! ... and Dancing!
今回、沖縄の素敵なウェディングへ招待してくれたのは、私にとって長年、旅やら映画やらご飯やらを共にしてきた、大切な友人でした。
彼女の好きなものは、大抵私も好きで、彼女が楽しいと思う過ごし方は、私にとっても心地いい。
そんなとびきりの信頼を寄せているパートナーです。

彼女との旅は、いつもお天気に恵まれます。
そしていつも、観光ガイドに載っていないような素敵な出会いにも。

結婚式当日も、素晴らしい青空。
天気予報ではずっと雨、くもりのマークばかりだったこの3泊4日ですが、実際は多くの日、多くの時間帯が晴れに恵まれました。
やっぱり彼女がくれる旅時間は、いつも晴れ!

e0048530_1241349.jpg


真っ白な教会の扉を開けて入場してきた新婦の姿を見たときには、なぜだかじわーっと目頭が熱くなりました。
おかしいな・・・。私がいつも泣いてしまうのはここではなく、披露宴での新郎新婦とご両親のやりとりです。それなのに今回は、入場してきた彼女を見たら、なんだかこれまでの色々な思いがこみ上げて、泣きそうでした。
同じように泣いていたご友人の皆様もいらっしゃったのですが、私たち大学の友人席は、むしろ元気に笑っている人ばかりだったため、ぐっと涙をこらえました。
泣いているような、笑っているような変な顔になっていた気がします。

主役の二人が立つ講壇正面は、壁一面が大窓になっていて、青い空と碧い海が見渡せます。
その晴れやかな風景が、本当に彼女にぴったりで、感慨深かったです。

親友に、選んだ人を紹介されるときはすごくドキドキします。
大事な親友だからこそ、その人が選んだ人を私も好きになりたくって。
波長が合うかな、といつも不安と期待が入り混じります。
今回、新郎さんとは結婚式の数日前に初対面させてもらったのですが、そんな不安は要らなかった!
「彼女が好きなものは、私も好き」という信頼は、やっぱり間違いないんだなあと再確認しました。

印象深かったのは、披露宴のラスト、皆で輪になって踊ったこと。
「さあ、皆さん立ち上がってください」と言われ、沖縄民謡にあわせて、盆踊り風に踊りました。
結婚式で踊ったのなんて初めてだよ!
花婿さん、花嫁さん、高校の友人、大学の友人、ご親戚もご両親も、皆が入り混じって輪になって。
突然のイベントに驚きながらも、笑い声と笑顔でいっぱいになった会場には不思議な連帯感が生まれていた気がします。
三線の奏でる長閑なメロディーが、夢のように耳に残っています。

任されていたスピーチは、なんだかとても緊張してしまって早口になってしまったのですが、意外にも「プレッシャーでつらかった」というよりは、「やらせてもらえてよかった」という感想が残りました。
私のほうをまっすぐに向いて、とても真摯に聴いてくれる親友の姿。
一言一言に、うんうんと頷いてくれる花婿さん。
背中を押して、サポートしてくれた友人たち。
新郎新婦に言葉を送りたい人達はたくさんいるはずで、その中で自分が代表として伝えられることはすごく光栄だし、恵まれたことです。
自分の思いも、皆の思いも、ちゃんと伝えられますように。
そう、自然と思えたのは、きっと彼女の結婚式だったからこそなのかもしれません。

Congrats, Sai!! What an amazing party!! Happy Wedding!! xo
[PR]
by norlie | 2012-04-22 15:35 | Diary
<< 春の鎌倉へ 美味しい風景@沖縄本島 >>