春雪、水樹@青森
今年の桜前線がやっと北端の地・根室へ到達したというニュースが出た。
遅咲きだった今年の桜は、関東でも4月に入ってやっと本格的に開花。
いつもなら3月末にはお花見の予定を組んでいる頃なのに、今年は4月に入ってもなお、まだまだのんびりしたペースだった。

通年、4月下旬には北東北でも桜が開花する。遅咲きの年は、ちょうどゴールデンウィーク始まりの頃から青森で満開になることが多く、この時期に帰省すると、関東と合わせて桜を二度楽しめる。
それなのに今年は、4月28日、実家に戻ったときにはまだ公園の桜たちは蕾みのまま咲く気配すらない様子。
丁度、岩手や秋田が見頃だった時期、ゴールデンウィーク前半の青森には、まだ桜前線が届いていなかった。
よっぽど遅かったんだなあと改めて実感する。

まあ、それでも、風がだいぶ柔らかくなり、たんぽぽやハルジオンが顔を出す春の陽気。
つくしんぼは今が盛りとばかりに、遊歩道の脇にぐんぐん伸びて、ふきのとうももう食べられないくらい、すっかり花の状態だ。

ゴールデンウィーク前半、天気が良かったので津軽方面へ足を伸ばした。
みちのく有料道路を使わず、十和田湖から八甲田を抜けるルート。私が一番大好きな、山や森を通る行き方を選んでもらった。

e0048530_10194723.jpg


八甲田は、ちょうど1〜3メートルくらいの雪の回廊ができている時期。
記録的な豪雪に見舞われたこの土地へも、やっと春が来た。
上のほうはまだ一面の銀世界だったけれど、穏やかな陽光にいっそう煌めく春の雪がとてもきれいだった。
新芽はまだ見えないけれど、木々も心なしか嬉しそう。

昨年の10月、冬を迎える前の八甲田を通ったときは、これから訪れる厳しい冬を耐えぬかんといった風情に見えた。ちょうど人間が、コートの前を押さえて、体をじっと強ばらせている感じ。
だけど、この日の八甲田は、嬉しさに両手をばんざいして、全身に光を浴びているような、そんな開放的な喜びが感じられた。
・・・というのは、どちらかというと訪れたときの私の心境なんだろうけれど、それでもやっぱり春の訪れに胸が高鳴るのはきっと人間だけじゃなく、動植物も一緒なのではないかと思うわけです。

もう少しすれば、山一面が新緑に覆われる八甲田。
その時期にはもっともっと、胸が高鳴り、空気が澄んで、心が晴れ渡ることでしょう。

e0048530_10294325.jpg


さて、北津軽郡鶴田町の大溜池は、だいぶ水かさが増していて、湖の中から新緑の樹が顔を出す不思議な光景になっていた。
水中に見える草の感じから察するに、その辺りは普段は陸地だろうと思われた。
特に雨が多かった後でもなかったので、雪解け水だろうか。

真っ白な世界が、桜の訪れを契機に一変する。
パステルカラーの花々が咲き誇り、新緑の優しい若葉色が元気にさわさわと揺れる。
やがてそれは濃い緑色の葉へ成長して、緑一面の夏が来る。
春の雪も、水の樹も、すべてそんな季節の始まり。

It's all about loving early summer.
I'm on cloud 9!

[PR]
by norlie | 2012-05-21 19:50 | ぷらっと青森
<< 盛美園と鶴の舞橋へ@青森 旅の思い出、断片集@沖縄本島 >>