小春日和の古都散歩@京都
3日目。快晴。それほど寒くなく、小春日和の空のもと、京都駅を起点にそぞろ歩く。
まずは清水寺へ。一日の最初に相応しい、壮大な景観。
高台にあるので、京都の街並を見下ろすことができ、町を取り囲む山々も一望できる。
改めて京都って盆地なんだなあと実感した。
何度観ても、この景色は面白いと思う。

e0048530_18101537.jpg


清水寺から祇園まで続く東山の小道は、どれもとても風情があって実に京都らしい景色が続く。
坂を下り、東山の小道を歩く。ねねの道を通って、石塀小路に寄り道。
ねねの小道を楽しんで、円山公園でひと休みして、祇園の花見小路まで歩く。
京都らしい街並と、古都の暮らしが垣間見える景色の数々に、歩いていてとても楽しかった。

e0048530_18191691.jpg

e0048530_18193574.jpg

e0048530_18195232.jpg

e0048530_18201347.jpg


昼が過ぎて、さすがに歩き疲れて、祇園の京煎堂でひと休み。
ぜんざいとわらび餅を頂いた。甘いものを食べて自然と口角が上がる。
やっぱり京都に来たら、和菓子を食べたい。

e0048530_18275637.jpg


それから、鴨川を歩いて、四条河原町を通り過ぎ、錦市場へ。
汸臼庵で棒天をいただき、カリカリ博士でたこ焼きを食べて歩く。
お腹がいっぱいでこんなもんじゃの豆乳ドーナッツを食べられなかった。
それに汸臼庵の棒天、もっと色々な種類を食べたかった。
食べたい、食べたい、と訴える目に、お腹がついて行かず、やや無念な節あり。
次に行くときは、もっとお腹をペッコペコにして、心行くまで食べ歩こうと誓う。

奈良&京都旅行の最終日は、またしても健脚で歩き回った一日となった。
やっぱり私は歩くのが好きだ。
歩くスピードで見る景色と、立ち止まる気ままさと、散歩の途中で食べるちょっとしたご飯が大好き。
ドライブも同じくらい好きだけれど、古都はやっぱり歩くに限る。
母もよくよくついてきてくれて、その健脚っぷりには感心してしまった。

母と二人、そぞろ歩いた京都と奈良。
一年の終わりに、思い出に残る楽しい旅になりました。
来年はどんな旅をしようかな。今からわくわく。
[PR]
by norlie | 2014-12-05 18:08 | ぷらっと関西
<< 山手西洋館・世界のクリスマス 雨を楽しむ一日@京都 >>