モンタナ・アベニュー@L.A.Tours
時差ボケから回復した翌日、私たちはオレンジ郡在住の私の母の友人宅に行くことになった。L.A.を訪れたら、是非行ってみたいとかねがね思っていたので、日本にいるときに事前に連絡しておいたのだ。個人的な用事なので、Saiに事情を話すと、Saiも快くOKしてくれ、二人でお家を訪ねることになった。

母の友人の家を訪ねるにあたってお土産を買いたいから…と、午前中はサンタモニカのモンタナアベニューに寄ることにした。

e0048530_22122249.jpg
サンタモニカのモンタナアベニューは東京の青山に似た雰囲気。ハイソなストリートで、ブティック、インテリアショップ、レストラン、カフェ、果てはスーパーマーケットまで全てがおしゃれにできている。ハリウッドやショッピングモールのように人でごった返し!というわけではないのがまた好印象。



ランチは、白い建物が街並に映える“Cafe Montana"にて。
このカフェレストランが実は個人的にとーっても印象深い…というのも、スタッフの方々が全員美女ぞろい!うっとり!
金髪細身のお姉さんたちが声をかけてくれる度に、私の幸せメーターはひたすら上昇!上昇!
アメリカのカフェやショップ、レストランではよく店員さんが気さくに話しかけてくれるのですが、ここでもご多分に漏れず「楽しんでますか?」とか「料理はおいしいですか?」とか話しかけられ…その度に、大興奮の私を横目に、Saiが頼もしく「おいしいですよ〜」と英語でレスポンス。 旅の心強い友に多謝i!!
メニューはイタリアンで、料理もとてもおいしい。アメリカに来て、早くも食の違いにダメージを受けていた私にとって、初めての大満足したランチでした。
e0048530_22303942.jpg


ところで、モンタナアベニューを歩いていて一番気になったのが、どこを見ても白人しかいないこと。先日のダウンタウンにはたくさん道を歩いていたアジアン、黒人、ヒスパニック共々全く見かけず。
モンタナアベニューに限らず、ビバリーヒルズ、ロデオドライブなどでは、白人がたくさん目につくばかり。日本では全く気にすることのない「人種」と「経済格差」を意識せずにはいられない経験でした。
[PR]
by norlie | 2006-08-12 22:06 | ロサンゼルス旅
<< サンタマルガリータ珍道中@L.... レドンドビーチ@L.A.Tours >>